もう手遅れでした
わたしのとりとめもない雑記が 書き連ねられます。 読者への配慮とかはないです、と予め宣言。        (でもツッコミはご自由に)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【映画】マイマイ新子(2)
「マイマイ新子と千年の魔法」の
何が面白かったのかを考える。

(まあ、
何が面白いかを考えるだけであれこれ楽しいということ自体が、
良作の証ではあるなあ)

***************





本編観た後なのでこの予告編だけで
かなり来るものがあるのですが(笑)、
でもこれだけ観ると
田舎バンザイとかノスタルジーバンザイみたいな話に
受け取っちゃう人もいるかもしれない。

ぼくはその手の話は嫌いでして、
単に「昔は良かった」的な
どうでもいい教訓を垂れる話は好きじゃありません。

そんなぼくですが、
「マイマイ新子」はそういう話ではなかったので
気に入ったわけです。
いや、別にそういうの好きな人はそれでも良いし、
そういう意味合いでも楽しめる映画かもしれませんが。


****************

細かいところを見ていくと、
作中の流れの中で色んなものが
反転していくところが興味深いところです。

例えば新子と貴伊子の関係だとか、
大人の印象とか立ち位置とか。

意図的にこの辺りをうまく練り上げて
作っている気がします。

あー、書いてて思い出しましたが、
冒頭のじいちゃんの、川が直角に曲がっている云々の話は
そういう隠喩も含んだ演出なのか。

***************

空想や幻想で、どう現実と向き合っていくかという話でもある。

タイトルに千年の魔法とあるけど、
その言葉からすぐに連想するような魔法や奇跡は特に起こりません。
たぶん、そういう話にした方が作りやすいと思うのだけど、
そこは誠実にそれを拒んでいるんじゃないかという気がします。

でも、他愛のないシーンや日常描写の積み重ねで、
気持ち良い映画になっているんだよなあ。
とりあえず「テンション高めで良い曲ぶつけりゃハイOK」みたいな
安っぽい感動モノじゃなくてね。

アニメってこういう作り方できるんだなあと
すごく嬉しくなります。

****************

なんかごちゃごちゃ言ってますが、
別に「貴伊子かわいいよ貴伊子」だけで観ても
十分楽しめるかと思います(笑)。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 もう手遅れでした all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。