もう手遅れでした
わたしのとりとめもない雑記が 書き連ねられます。 読者への配慮とかはないです、と予め宣言。        (でもツッコミはご自由に)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【エヴァ】破の感想3
うわ、まだあるの。
うん、あるよ。

というわけで以下コピペ。

破のネタバレ感想です。
長い。


破を未見で今後見る予定があるなら、
読まない方がいいよー、いいよー。


観た直後に書いた部分が多いので、
今振り返るとちょっと違うものもありますが
それはそれで。




























○ゲンドウ

ゲンドウは旧作と同じく、ユイに会えれば満足なおっさんなのだろうか。

最終目的はそうかもしれないが、
今回わりと明確に違うことをしている気がする。

具体的にはレイの件です。
旧劇場版で、ゲンドウは最後の最後でレイに拒絶されている。
で、レイはリリスと同化したのち、シンジの方に走ってしまうわけですね。
「それでもユイには会えたからパパは満足。いやすまんかったシンジ」
みたいな感じだったが、
一応レイについては予定とは違ったわけです。

だが、今回は「序」でレイとシンジを近づけさせるのも計画のうちだと明言している。
そして「破」では、シンジとレイを惹き合わせることで
初号機が覚醒することもゲンドウの思惑通りのようだ。
何があっても「問題ない、計画通りだ」とぬかすのが仕事なだけの気もするが、
いや、さすがにそこはちゃんと意図は考えてあるだろう。…多分。

***

庵野さんにとって父と息子の確執なんて大して書きたいテーマとも思えないのですね
(旧劇場版制作時、
 実際父親としてのゲンドウの扱いに困っているという話がどっかで出てたはず)。
わりとエヴァってシンジとゲンドウとの父子関係に
焦点あてて語られることも多いけどさ、
そこのドラマって結構スカスカというか、
ゲンドウが本当に何も説明しないので成り立ってる。
何考えているかわからなくて謎なのであれこれ深い気がしてしまうが、
説明し出すと「単にゲンドウが不器用だった」で片付いちゃう話だよ。

ついでに言えば、ユイに至ってはもっとわけがわからん。


だからこそ、今回はちゃんと描けるように設定や展開を変えてくるのか、
あるいはその辺あまり踏み込まなくていいように変えてくるのか。
どちらにせよ、変化はあるんじゃないかな。



○カヲル…というかループ説

カヲルの発言は相変わらずループを匂わせるが、


えーと。



でもループだったらクソつまらないと思います。

もし、

「旧作の後、カヲルなど一部の者以外の記憶はリセットしてやり直された世界なのだ!」

とか明かされたら、
「えっ…それ…なにが面白いの?」と絶望してしまう。
「やり直して、今回はハッピーエンドになりました。おめでとう!」
とかいうオチにするの?
それ噴飯モノだよ。

ループだとしたら、相当面白いオチをつけてくれないと、
ぼくはちゃぶ台ひっくり返すなあ。

ちなみにかすかさんはループもののSFとかはわりと好きです。
好きですが、だからこそ
新劇場版でループ設定を採る旨みがさっぱりわかりません。


ループじゃなかったら
カヲルは何を言っているんだというのは確かに謎ではあるし、
カヲル発言以外にも怪しい描写は確かに見られるのですが…
本気でループネタにするなら、
こんなに分かりやすくループを暗示しないと思うけど。
何らかのミスリードで、
本当は別の意味が付与されている方が良いなあ。

ループ説だと、
「序」ラストの「また三番目とはね。変わらないな君は」発言は
意味がわかるようでわからないんだけどな。
3番目になるかどうかってシンジが選択するの?
ループしているなら3番目になるしかないんじゃないのか。
適格者のことを言っているのではないかもしれないが。

カヲルの発言はループとかではなくて、
普通に「序」以前のシンジと顔見知りという説も考えたけど…
うーん、それはそれでよくわからなくなりますね。

***

破でもやっぱりループを思わせる発言なカヲル君。

でもよくよく考えたら、
単純にループ設定なんだったら「破」のカヲルの発言はひどいだろう。
キャラ的にひどいというより、制作側の姿勢が解せなくなる。

「今度は幸せにしてみせるよ」って
前は幸せじゃなかったということになるが、
その「前」というのはループ説に乗っ取れば旧シリーズを指すわけだろ。

いやいやいや、待てや。
そりゃ散々な目に遭ったし、サードインパクトも起こしたが、
気持ち悪いと言われようがなんだろうが、
他者には他者として存在して欲しいと、人の形を取り戻したんでしょ。
解釈は分かれるところかもしれないけど、
あれを一概に不幸なバッドエンドみたいな意味にしちゃっていいわけ?
悪意のこもったオチだとは思うけど
カヲル主観であったとしても
「旧作は不幸」だと断定しちゃうなんて、
それはいくらなんでもあんまりでしょ。
そんな真相だったらぼくはキレますね、ええ。

***

旧シリーズでは、アスカもレイもいなくなって、
一人になったシンジを助けてくれたのがカヲルだったわけですが、
その「最後のシ者」展開は多分もうできない。
そうなるとシンジとカヲルの関係が当然変わってくる。

破ラストのカヲル、けっこう悪そうな顔していると言われてますね。
悪そうというか何か強い決意を滲ませる表情だと思う。

一応カヲルはゼーレ配下で、
カヲルにマーク6を与えている以上は
ある程度は自分たちの意に沿う行動をすると思っているはず。
しかし、
ゼーレのシナリオがシンジの幸せに繋がるとは思えないのだが、
どういう考えでどういう行動に出るのか。
今後に期待です。


○リツコ

地味にスポイルされていくリツコ。

出番ないわけじゃないですけどね。
しかし、今後リツコのエピソードまで丹念に描く尺がないと思うので、
ゲンドウとの関係が描かれるかどうかさえ微妙だな。
どうなるかなあ。


○ペンペン

なにげなく出番が増えてて嬉しい。



○今日の日はさようなら&翼をください


翼をください。
ぼくは元々この曲嫌いなのです。


でもまあ、演出としてはそんなに嫌じゃなかった。


「今日の日はさようなら」については、
残酷なシーンでああいう叙情的でのどかな曲を流すって
演出手法としてはそんなに特異でもないでしょう。
旧劇場版でAir流したのと一緒だと思う。
分かりやすすぎてセンス悪い気はするけど、
ぼくは結構このあざとい感じが好き。


「翼をください」は、
ちょっと前のシーンで「今日の日は~」流したばかりなのに、
歌謡曲演出くどいという意見がある。
ぼくも正直そんな印象なのだけど、
これは両者の対比のためにわざとやってるんじゃないかね。


別の曲でいくと、心の交流的なシーンで3回くらい同じ曲使っているし
(カレカノの曲だっけ?)。
こういうわかりやすい反復とか対比とか、
わりと従来通りの演出センスだと思うな。
むしろ「ああ、エヴァだなあ」と懐かしく感じた。


○最初のカラーのロゴ

あそこのウルトラ効果音、イイ!


○主題歌

新曲を作れよ。

いや、ビューティフルワールド好きですけどね。
今回のアレンジもけっこう好きですけどね。
序とはだいぶ鑑賞後の気分も違うと思うので、
新曲でスタッフロール見たかったなあという気分もある。

新劇場版全作を通じて、
ビューティフルワールドが主題歌だと思って良いのかね。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 もう手遅れでした all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。