FC2ブログ
もう手遅れでした
わたしのとりとめもない雑記が 書き連ねられます。 読者への配慮とかはないです、と予め宣言。        (でもツッコミはご自由に)
3月5日
男女の間に友情は成立するか?

みたいな問題設定はよく目にする。

まあ、ほとんどぼく自身に接点のないお話なので
興味の沸かない類の話ではあるけど(笑)、
この手の話を聞くと、
「そもそも恋愛関係と友情関係というのは
 きれいに分裂した対立要素なのか?」
と前提に疑問を抱く。
そして、ある漫画の以下のシーンを思い出す。


「…恋愛は あらゆる抵抗に打ち勝つ相思相愛の力。
 友情は 相思相愛でありながら 抵抗によって達成できない疑似恋愛関係」
「抵抗?」
「同性であるとか 既婚者であるとか 恋人がいるとか 
 顔は好みだが性格が気に入らない 性格はいいが肉体的には受けつけない等々
 逆をいえば抵抗があるにもかかわらず
 気持ちのベクトルが向き合っている人間関係と言ってもいい」
「友情は恋愛の一部ですか?」
「そうではないものを私は友情とは呼ばない」
「じゃあ抵抗を克服すれば」
「恋愛になる可能性は極めて高いと言える」



特にこの見方に異論もないので、
そんなもんなのかなーという感じである。
基本的に同一線上じゃないかと。


この見方に沿うならば
ぼくの場合は常に頑健な『抵抗』が存在することになるわけだね。
抵抗のない関係ってイメージできないや。

「てめーが、友情なら成立していると無条件に思っているのが片腹痛いです」

それもそうですね…。

スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 もう手遅れでした all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.