FC2ブログ
もう手遅れでした
わたしのとりとめもない雑記が 書き連ねられます。 読者への配慮とかはないです、と予め宣言。        (でもツッコミはご自由に)
ドランジさん、頑張りすぎ(第26回)
2252-10-28 23:30 舞踏再開。




飛行長ドランジと操舵手グランパが倒れまくる。
なんとかしたいものだ。




ハンガーに向かう恵。
誰に用なのだろう?とつけてみると、
マッサージを頼まれた。
おおう、任せときー。

マッサージ中に第一種になる。
知らんぷり。




連戦。
光国軍と地球軍との三つ巴。
マイト、被弾しすぎて途中で帰る。

こっちも活動限界残り1で命からがら帰還。




ドランジ倒れすぎである。
世話を焼こうと思って追っていたのだが、
わたしから逃げるかのように
医務室を出てまっすぐ仕事先の艦橋へ。
仕事中は話しかけられないので待っていたら、
その場でまた倒れやがった。
おのれ、意地でも更正させてやる。




いつのまにやら火星の失業率は2.5%に抑えられている。
以前は12%にまで達していたので、かなり減ったと見ていいだろう。

人口も落ちたので口減らしできたってのもあるんだろうが、
それでもまだ8億5000万人はいる。
やはり経済が回るようになってきたのだ。
異星人との戦争が始まっていることも
経済回復の理由かもしれない
(そもそも火星の不況は戦争終結で
 火星の主産業である水打ち上げの需要がなくなったからだ)。




ドランジにやっと接触。
医務室で寝ているそばで時間つぶして、
起きたところをあたっく。
ナンセンス漫画や救急箱をおしつけ、
つかれているんじゃないかと心配してやった。
これからももっと構うようにしよう。
きっと、今は仕事しか楽しみがないから
バタバタ倒れるに違いない。

そんなことしてる間に、グングン上がるドランジの友情。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 もう手遅れでした all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.