FC2ブログ
もう手遅れでした
わたしのとりとめもない雑記が 書き連ねられます。 読者への配慮とかはないです、と予め宣言。        (でもツッコミはご自由に)
悲しませて、狂わせて、満足させてくれる?
make me sad,
make me mad,
make me feel alright?


というわけで、
「serial experiments lain」。
「lain」です。
なんか前にも何度か書いている気がしますが
(ミクシやブログになってからは書いてないかな)。
ようつべさんを漁ってたら、
たまたま当たってしまって
懐かしんでいました。

というか、思い出して気持ち悪くなりました(笑)。


lainは、アニメとゲームがあります。
アニメが先にやっていたんで
それのゲーム化と思われることが多いようですが、
そういうわけではないです。

互いに別物というのもありますが、
企画的にはゲームが先じゃないかなあ。

少なくとも、ぼくが最初に知ったのは
ゲームショウでもらった、ゲーム版lainのチラシでした。


テーマ的にアニメの方がより深く踏み込んでいる
(とぼくは思っている)ので、
思い出すのは大抵アニメ版のことだったのですが
ひさしぶりにゲーム版の映像見てゲームのことも思い出しました。
気持ち悪いのは、主にゲームの方です(笑)。

ゲーム版は、怖いんですよー。
とても怖いんですよー。


ものっすごい操作性悪くて、
しかもやることと言ったらデータの閲覧だけです。
なんのデータかと言えば、
主人公・玲音のカウンセリング記録や日記です。
音声データが大半、たまに映像データ(ムービー)もあります。

玲音は幻聴に悩まされて柊子先生のカウンセリングを受けます。
カウンセリングが進む一方、
玲音は情報工学に興味を持ち始めて
ネット世界(lainではワイアードと呼ぶ)に
だんだんのめり込んでいきます。
そして…

という感じの内容です、大雑把に言えば。

玲音とのやり取りの中で柊子先生がだんだん壊れていくのが
非常に生々しくて怖いのです。
まあ、lainが本当に怖いのはそんなことじゃないんですが…。



以下ネタバレです。

しかし、ネタバレと言っても、
ゲーム版lainって定価の2倍くらいで取引されているらしいので
今頃ネタバレを嫌がって
先にプレイを済ませようとする人がいるのか疑問だなあ(笑)。








http://www.youtube.com/watch?v=fRGhfGFXME0&mode=related&search=

http://www.youtube.com/watch?v=X-wizCED5vs&NR=1

というわけで、いきなりエンディングムービーです。
まあ、ゲームやらんで見ても意味わからないですが。

やってから見ても微妙です。
あの操作性でここまでたどり着くのは、
けっこうな苦行なのです。
そのご褒美がこれというのは、なかなかしんどいものです。


http://game12.2ch.net/test/read.cgi/gal/1157905464/

まだあった2chのスレッド。


264 :名無しくん、、、好きです。。。:2006/12/18(月) 00:07:10 ID:HZ0lA53k
日記は音声のみの完全に各キャラの主観的な情報だから、プレイヤーにはそれが本当なのか嘘なのかわからないし
逆に映像データはハンディカム的な表示があったりして、それを撮影してる第3者の存在を匂わせて逆に不気味だし。
単にペダンティックなネタを振りまいてるだけじゃなくて、すごく計算されつくしてる。
いろんな解釈ができるけど、何かしら穴ができるから全然安心できないw

>>262の件にしてもそうだけど、プレイヤーは真実には絶対たどり着けないのに
その「真実」に不気味な存在感があって、常にこっちにちょっかいを出し続けるという。
謎を投げっぱなしにしてるだけで終わってるゲームじゃないからなあ。



ちょっと持ち上げすぎな気がしないでもないが、
一度はまって考え始めるときりがない。
現実を揺さぶってくれる作品は好き。

6周目までデータは増え続けるとか書いてあるけど、
6周もしたかなあ?
一応全部クリアしたつもりでいたけど…どうだったんだろ。

今やるとまた新しい解釈できるかもしれないし、
うちのどっかにあるはずのlain探して
またやってみようかな。

ぼくの頭にlainを再度ダウンロードするのだ。

でもこのゲームやると本当におかしくなりそうだから、
ちょっと怖いわ(笑)。

(それ以前に、うちの腐海からソフト見つけるの大変だけど)
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 もう手遅れでした all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.