もう手遅れでした
わたしのとりとめもない雑記が 書き連ねられます。 読者への配慮とかはないです、と予め宣言。        (でもツッコミはご自由に)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
私今夜ソファーで寝るからね
グリムグリモア キャラ別・雑記。
ネタバレ含む。







・リレ・ブラウ
http://gameinfo.yahoo.co.jp/character/0018/20070404_cha_eg_01_l.html

リレは可愛い。

黒と紫の配色がきれい。
主人公キャラにしては珍しい色かな?

三角帽は言わずもがな。


プレイ前の時点では
他のキャラの方が気に入っていたのですが、
話がリレ視点で進むこともあり
クリアした今では彼女が一番好きです。
とても懸命かつ賢明な子で好感が持てます。



・アマレット

http://www.youtube.com/watch?v=v3Zs5l3bUM8

「…その笑顔好きだわ、触ってもいい?」
とか言ってくるお姉さま。

だが、いつの間にかリレの方がお姉さま的な立ち位置に。


「約束破ったら、私今夜ソファーで寝るからね」
って、何気なく聞き流していたが、
よくよく考えたら凄い台詞だな、リレ!


EDでもアマレット引き取っており、
まさか本当に百合展開とは思いませんでした。
ありがとうございました。

まあ、本来なら男のバティドと
くっつくべきなんだろうけど、
成長しすぎたリレ相手じゃ
釣り合わないわなあ…(笑)。


・ところで、気になったこと
アマレット自身はゲーム中に魔術を使わず、
特に使えるという話も出ません。

バティド-錬金術
マルガリタ-精霊魔法
ハイラム-降霊術

なので黒魔術が余っていますが、
他と違って教師がついているわけでもない。
まして黒魔術の教師アドヴォカートには、
周りが近づけたがらないでしょうし。

なぜこんなことを気にするかと言えば、
彼女の抱いている黒猫のことです。
ストーリー中で
あれは使い魔のグリマルキンであることがわかります。
彼女本人が黒魔術の使い手ではないとしたら、
あの猫はやはりアドヴォカートがくれたものなんでしょうか。

まあ、彼しか黒魔術使えないわけではないので
他の教師とかが与えたのかもしれないですが。
アドヴォカートが猫を与えて、
それをアマレットが大事にしているのであれば
ちょっと面白い構図ですね。
もっとも、アドヴォカートだとしたら、
まさか純粋な親切心からの行為ではないでしょうけども。


・シャルトリューズ

呪いで獅子頭にされるも、
解呪もせずに研究に打ち込むストイックなライオン丸。

だったのに、
実はアマレット作ってハァハァしている変態(笑)。
なんだアマレットのあの服は!

まあ本人は研究一筋で、
別に妻や娘にする気はないと言ってますが。
「それではどうして…アダムの肋骨から出来た
 誘惑に弱い肉体に私を据えられたのですか?」
とはアマレット当人の台詞。

http://www.youtube.com/watch?v=mdXLS9-vIYI&mode=related&search=

魔王の悪魔ギムレットが蠢いているのも
天使なアマレットがウロウロしているせいらしいので、
事件はこのライオン丸が元凶な気が。

でも、4~5日目あたりで
魔王や悪魔が目覚めてピンチな時には、
大抵この人は出てこない。
どこ行ってるんだ、役立たず(笑)。

・アドヴォカート

事前情報から気に入っていたキャラでしたが、
予想以上に良いキャラでした。
悪魔はこうでなくてはねえ。
「実は良い人」だったりして
興醒めさせられたらどうしようと不安に思っておりましたが、
ちゃんと悪魔らしくて、かつ良い味出しているキャラです。

メフィストフェレス。
悪魔自身が黒魔術の教師をやってくれるのだから、
贅沢この上ない学習環境です。

教師はやってくれますが、
生徒の命が危険に晒されたりしても助けたりしません。
だって悪魔ですから。

でもライオン丸先生よりは
ずっと役に立つこと多いけどな。
賢い悪魔ですから、
リレが繰り返す時を生きていることに
気づくこともあります。


http://www.youtube.com/watch?v=Yw9ikIG-P7Q&NR=1

「リレ・ブラウ。…よく考えるのです…
 いいですか?戻ってどうするのかを…よーく…」


そういえば5周目で
賢者の石の間に同行したがってましたが、
同行したらどうなったのだろう。
魔王アドヴォカート降臨?
いや、そんなつまらんことをするとも思えないなあ。
今回のリレはもちろん断りましたが、
同行するループがあってもおかしくはないと思うのだが…
さてさて。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 もう手遅れでした all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。