FC2ブログ
もう手遅れでした
わたしのとりとめもない雑記が 書き連ねられます。 読者への配慮とかはないです、と予め宣言。        (でもツッコミはご自由に)
血染めのユフィ
わあー……。
あぶねーなーとは思ってたけど、
ここまでやったか。


21話、22話と、とても良かったです「コードギアス」。
なんてぼく好みの展開だろう(笑)。


って、次でとりあえず通常放送はラストなのかなー。
24、25話は別に時間取って放送するらしいので。

以下ネタバレ含む。
この状況は、
ルルーシュが最初から意図したものでないのは
幸か不幸か。

まあ、ルル坊は事前に虐殺を計画できるような奴ではないですが、
良くも悪くも。
でもCCは、合流するまではルルーシュが狙った結果だと思っていたようだが(笑)。


タクティクス・オウガのバルマムッサを思い出すなー。
でもデニムやOVERSのような存在でない、
その世界の憎悪やしがらみに根ざしたみじめな存在たる
ルルーシュ君がこれを背負っていくしかないわけですよ。
だが、それでいい。

ユフィと対峙した時には、
ユフィに自分を撃たせて
自分が救世主となるシナリオを語っていた。
だが、意図しない虐殺が始まり
実際に自分を救世主だとすがってくる日本人を目の当たりにし、
その罪と責任に怯えるルルーシュ。
その様のなんと萌えることか(笑)。

************************

赤目のユフィこえええ。
南央美声で「死んでくださーい」と朗らかに宣言するユフィ、
その光景の戦慄はなかなかのものです。

直前でルルーシュと和解していたからこそ、
虐殺皇女と化した彼女は
速やかに殺してあげるしかないという悲劇。
でも、このまま生かされるのは惨すぎる。

************************

「今動かずしてなんのためのキョウトか!」
がカッコイイ。
ビバ、かないみか。

他のキョウトの人より立場が上なのかと思っていたが、
そうでもなかったようだ。
今まで本当に少しずつしか出番がないが、
第2クール(あるのか?)では登場が増えるといいなー。

*************************

CCとスザクが接触した時に、マリアンヌ(ルル母)の幻影が。
前もあったっけ?
ルルーシュが探している母親が殺された事件の真相も、
CCやギアスに絡んでいるってことなんでしょうね。

それにしても、スザクとCCの関わりがよくわからない。

**************************

そして高笑う皇帝。
思わぬ惨劇に、ついきゃっきゃしてしまったようだ。

CCと会話している「誰か」は皇帝なのかとも思っていたけど、
それは違うみたいだなぁ。
皇帝が遺跡に興味があるのは確かなので、
なにかしら知ってはいるのだろう。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 もう手遅れでした all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.