FC2ブログ
もう手遅れでした
わたしのとりとめもない雑記が 書き連ねられます。 読者への配慮とかはないです、と予め宣言。        (でもツッコミはご自由に)
わたしってば、良い人。(第19回)
わが艦のカフェでは
ミズキやグランパが演奏しているのを見かける
流行りはじめてるんだろうか。
でもグランパだけはなぜか、
入り口すぐのところでこっそり演奏してる。
もっと広場に出ようよ。
恥ずかしいのかしら。そこまで考えてるかなぁ、AI。
たまたまか?


ああ、とうとうニャンコポンまで。

よし、このまま音楽の輪を広げよう。
時間を決めて、演奏会をすることにする
とりあえず日に1回で22時と決定。
そのくらいの時間には、
主人公はいつもカフェで演奏している。
とAIたちに覚えてもらいたい。

そうすれば
主人公の演奏を聴きに来たり
主人公と協奏したりするのが
日常的な光景になるかもしれない。




トイレの観察を続けている。
なんだかうちのクルー手を洗わないなあ

奴らに手洗いを覚えさせよう。
ちょくちょくトイレに行き、手洗いをすることにした。
手本となるためである。




時間合わせるのがけっこう難しい
22時に演奏開始のつもりだったのに
0時回ってたりすることもザラである。

演奏するためには嬉しい気分になっている必要があり、
色々と前準備がいるのだ。
ミュージシャンは、
事前にテンションを上げて
良いコンディションに自分を持っていくことも大事なのである。




恵がフラフラと歩いているのが気になり、
つい声をかけてしまう。
大丈夫?顔色悪いよ?

「ええ…なんだか具合が悪くて…」

それはいけない!
診察へ行こうと、恵を医務室へ引っ張っていくわたし。

あれ…?
連れてきてから気づいたが
今の時間、医務室勤務担当って恵じゃなかったっけ?
サーラの方ならいいけど……。

MAKIに確認。
あう、やっぱり恵が医務室勤務の時間だった。
休めと言いながら、
休むために出てきた彼女を職場に連れ戻してしまったのか。

す、すまない。そんなつもりじゃなかったんだ。
それでもわたしの気を遣ってか、
恵は笑顔で返してくれたのでした。

健気すぎる。




戦闘はわりと頻発している。
着艦後は消火に走るわたしである。
戦闘、消火、戦闘、消火。
その繰り返しが続く。




ミズキに手料理をふるまおうとするが
「わたし、今日はちょっと味がわからないと思うの」
とかやんわりと断られる。
あううう。
ま、眠そうだったしな。
無理を言ってしまったか。

日を改めて、メイに手料理を。
なんだか手料理をふるまうのが趣味になってしまった。

や、男にもふるまってるよ、たまに。
女性に対してのほうが頻度が高いのは、
まあ、そりゃ当然だろう。





嬉しいことに、サーラが隣で一緒に演奏してくれた。
その後ろでノるアイアン。

楽隊の存在は、順調に艦に浸透しているようだ。

特にサーラちゃんは味をしめたのか、
ずっと演奏してる時がある。
一番弟子だ。

そんな盟友サーラちゃんに悩みを聞いてみた。
同僚の恵の体調を心配しているようだ。
恵からサーラの心配をされたこともあるし、
互いに気にかけているんだなあ。
仲良きことは美しきかな。

や、実は恵→サーラは嫌悪100以上あったりするんだけどね。
真面目な恵には
奔放なサーラが気に食わない部分もあるのかもしれぬ。

男子トイレで

恋を探すような娘だし。


でも友情の値もそれ以上あるし、
仲の良い友達同士と見て問題はないだろう。
ちなみにサーラ→恵は嫌悪0である。
他の数値も恵→サーラ以上に高い。




戦闘と消火で艦を守り、
平時には音楽と料理で艦に喜びを分け与える。


ナニコレ、わたし良い人みたいじゃないか。
トイレの手洗い施行にも目を光らせているしな(笑)。
ストーカーだった頃が懐かしい…。

……そうやってわたしが一人で悦に浸っている頃、
太陽系外縁では
光国が太陽系連合との同盟を一方的に破棄、
太陽系に侵攻を開始していた。




我らが陸戦隊長タキガワはちゃんと手を洗う。
メカっ子のMPKもだ。
君たちは偉い。

お前らも見習えよ、ノギにハリー。
それが地球連合軍での慣習なのかッ!





大幅な人事変更を実施。
トイレ後に手も洗わないノギに副長は務まらん(笑)。
操舵をしてもらっていたエステルを副長に、
整備班だったドランジを飛行長に。
また、猫先生には身近な整備班に来てもらう。

会議風景のメンツが新鮮である。
艦長エリザベスと政治家ポーは変わらないが、

副長エステル
飛行長ドランジ
陸戦隊長タキガワ
水雷長ハリー

だ。
ちょっと若い感じかな。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 もう手遅れでした all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.