FC2ブログ
もう手遅れでした
わたしのとりとめもない雑記が 書き連ねられます。 読者への配慮とかはないです、と予め宣言。        (でもツッコミはご自由に)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
時事ネタ


福岡のいじめ自殺云々の話について。

大方のニュースは、
教師がいじめの発端の流れを作っていたとか
そういった部分に焦点を当てたいようだけど、
とりあえずわたしはそこにはあまり関心がない。


自殺した生徒の家へ、弔問に来た担任教師。
その担任教師がいじめに加担していたことについて、
遺族が声を荒げて罵倒し、怒りを示す。
そんな様子が、
テレビのニュース映像でよく流されていた。


なんだろうなぁ、
違和感というか、なにかズレている印象を受ける。

教師や学校を庇う気は全然しない。
例えば校長も、テレビで聞いた発言の限りでは、
かなり頭悪い発言しかしてないし。


学校に殺されたようなものだから、
その保護者として当の教師に怒りを向けるのは
当然でもあるだろう。
正当な非難だと思う。
本当は、罵倒するくらいじゃ気が済まないだろう。


でも。
そこでマスコミに罵倒を見せる
お父さんもお母さんも、
自殺するまでなにも気づかなかったのだよね。
死ぬくらいイヤだったのに、
学校に行かせたのだよね。


大事な息子を失った自分たちは全く被害者で、
学校だけが極悪な加害者なんです。

という映像になっているが、
それは違うだろう。

教師を罵倒すればするだけ
自分らに返ってくるように見えて、
むしろそれが痛ましい。



学校に行かせるのって、
そんな風に子供の管理を全部、
学校に委ねて投げちゃうことなのか?

そりゃ、実際として
学校に行っている間は親は干渉できないけどさ。
建前上は義務教育だけど、
学校に行かせるというのは、
(少なくとも小中学校くらいなら)親の判断だろう。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 もう手遅れでした all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。