FC2ブログ
もう手遅れでした
わたしのとりとめもない雑記が 書き連ねられます。 読者への配慮とかはないです、と予め宣言。        (でもツッコミはご自由に)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ジュ・ゲーム
ブルボン小林「ジュ・ゲーム・モア・ノン・プリュ」を
読み途中。
面白い。

ゲームについてのいろいろな「つぶやき」集。
興味深い指摘が色々と多い。

検非違使となって月下の朱雀通りを駆ける。
確かにそんなかっこいい設定のゲームは、
今ないよ!
すごいよ、「平安京エイリアン」。




たまに面白い夢を見ると得をした気持ちになる。
しかしそれを他人に聞かせようとすると、
面白さをうまく伝えられない。
そんな経験はないだろうか。

夢には整合性や脈絡がないから、
上手に言葉にできないことがほとんどだ。
だが、たまに自分では上手にいえたと思うときでも、
聞いている人がきょとんとしていて、
どうして伝わらないのか不思議になることもある。

夢には個人の経験も反映されるから、
あらましや、起こったことだけを聞かせても通じない。
また、夢の中で了解されている「設定」のようなものが、
目覚めた後の世界にはないから、
言葉で置き換えることが出来ないのだ。

テレビゲームの中のことがらを他人に伝えるのも、
夢と同じもどかしさが往々にしてある。



という話は、全く同意。
良い喩えだと思います。

「このゲームがこう面白いんだよ」、
というのは、面白いゲームであった時ほど、
なんとも伝えにくい。
いや、わたしの表現力の無さを差し引いても、だ。

それに、そうして伝えるのも難しいけど、
逆に言えば
そういう意味で「夢のような体験」を得るのが、
ゲームだと思うわけです。

他にもたくさん、良い話がいっぱいあるが、
長くなるのでまた今度。




同じブルボン小林さんの著作
「グッとくる題名」も面白い。
題名に関するコラム集みたいなもの。

特に「部屋とYシャツと私」の考察は、
なるほどと思った。
全然好きな歌じゃないが、タイトルは目を引く。
なにがこんなに心に引っかかるのかと
ぼんやりとした疑問を持っていたのですが、
なんか納得させられちゃったぜ!
どんな考察だったかは引用しない!(えー)

この本に出てる題名で特に気に入った題名は

「淋しいのはお前だけじゃな」



「幸せではないが、もういい」

もちろん、実際の中身は知らない(笑)。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 もう手遅れでした all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。