FC2ブログ
もう手遅れでした
わたしのとりとめもない雑記が 書き連ねられます。 読者への配慮とかはないです、と予め宣言。        (でもツッコミはご自由に)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
シムーン見た
「シムーン」最終回でした。
えー、多分全話見たんじゃないかなー。

以下ネタバレかも。






アングラスがなんで古代シムーンで死んでたの?
とかわりと謎のままです。
わたしの理解力不足もあって
設定的な部分はよくわからない部分も多いんですが、
まあ、ネヴィリルのデコが毎週見られたから
良い番組だったよ(笑)。

大人になったコールテンペストの面々の姿が
見られた幸せな最終回ではあった。

**********************

アーエルとネヴィリルがどこへ着いたのかは、
結局描写されない。
それは、まあいい。

いいんだが、
「永遠の少女…」とか仲間が呟いているように、
泉で選択をして大人にならざるを得なかった面々の
過ぎ去りし日々の象徴となったというのが
物語的な意味だよね?

なんか、そーやって希望を仮託する/されるのは、
いまいちストンと腑に落ちないオチではあるなあ。
まして、死んで永遠となったマミーナとは
差別化されているわけでしょう?
そこで時間跳躍というSFなガジェットを
持ち出してくるわけではあるけど、
どうもごまかしに映るんだよなあ。


読みが甘いですか、そーですか。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 もう手遅れでした all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。