FC2ブログ
もう手遅れでした
わたしのとりとめもない雑記が 書き連ねられます。 読者への配慮とかはないです、と予め宣言。        (でもツッコミはご自由に)
永遠のフローズンチョコレート
扇智史「永遠のフローズンチョコレート」


不死の少女と、殺人者の少女とその恋人。
彼女らが織り成す、あるいは織り成さない。
そんな話。

以下ネタバレ。


んあー。
この手の
「ライトノベルだって文学ぶれるんですよ」
という作風は、
一歩間違うと物凄い嫌悪を抱いたりするんですが。
読了してみて、結局そんなに嫌いになれなかったので、
わりと良い作品なのかもしれない
(我ながらヘンな感想だ)。


「ああ、これがあれか、
 『私を殺した責任、取ってもらうからね』って奴か」
と、作中キャラ自身が言ってしまうが、
わたしが数年前に店頭デモでその台詞だけ見たときに
漠然とイメージしたお話は、
これみたいな話だったなあ。
(当時は伝奇モノとは全く知らんかったからね)
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 もう手遅れでした all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.