FC2ブログ
もう手遅れでした
わたしのとりとめもない雑記が 書き連ねられます。 読者への配慮とかはないです、と予め宣言。        (でもツッコミはご自由に)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
冷たい密室と博士たち
ほか、読んだ本。

「よくわかる現代魔法」 桜坂洋

よくある、主人公(こよみ)の成長物語でした。

魔法とコンピュータが
似たような概念だという設定は面白いですが、
お話としては可もなく不可もなく。

ああ、でもこれがデビュー作なんですか。
名前はよく聞くから、ここから成長していったのかなあ。




「めがねノこころ3」 ゆうきりん

ゆうきりん先生は、筆力はけっこうあるように思うのですが。
3冊とも読みましたが、
メガネっ娘分としてはイマイチ。

というかメインヒロインのメガネなロシィよりも、
アリシアのほうが好きなわたし。

いや、そもそもあまり萌え小説じゃなくて
けっこう硬派な戦闘ものだったりするのですよ。
うまい人なので、読ませてはくれます。




「冷たい密室と博士たち」 森博嗣


Fかコレの解説でも誰か触れてたので
同じ話になっちゃうけど。

「僕は高校のときに、
 数学の先生によく質問したものです。
 先生、この公式、この証明は、
 いったい何の役に立つんですか、ってね。

 社会に出て、大人になって、
 数学が何の役に立つでしょうね?
 いや、失礼……。
 これは別に否定的な意味ではありません。
 でも、普通の生活をするのには、
 せいぜい足し算とかけ算を知っていれば充分でしょう?
 微分方程式もフーリエ変換も
 使う場面は一生に一度もありませんよね。
 複素数なんて何の意味があるんです?
 だって、この世には存在しないんですから……」

「犀川先生なら、どう答えられますか?
 学生が数学は何の役に立つのか、ときいてきたら」

「何故、役に立たなくちゃあいけないのかって、きき返す。
 
 だいたい、役に立たないものの方が楽しいじゃないか。
 音楽だって、芸術だって、何の役にも立たない。
 最も役に立たないということが、
 数学が一番人間的で純粋な学問である証拠です。
 人間だけが役に立たないことを考えるんですからね。

 そもそも、僕たちは何かの役に立っていますか?」



うん、これはいい。

わたしも、もっともっと役に立たない勉強がしたかったわ。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 もう手遅れでした all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。