FC2ブログ
もう手遅れでした
わたしのとりとめもない雑記が 書き連ねられます。 読者への配慮とかはないです、と予め宣言。        (でもツッコミはご自由に)
始めよう(GPOリプレイ第1回)
その後なんとか回復したので、
GPO起動である。
GPMの時は散々な言われようだったOPムービーだが、
今回はわりと垢抜けてるというか普通だ。
歌も普通だ。

実はわたしは
GPMのムービーけっこう好きだったりするんだが
(除くキャラクター部分)、
歌も好きだったりするんだが、
あのB級っぽさがなくてちょっと残念に思ったりもする。

って、あ!
B級の証「高機動幻想」の文字もないよ、
そういえば。
いや、「青森ペンギン伝説」がそれにあたるのか(笑)。

「それが世界の選択である」がない代わりに、
なにやらよくわからないメッセージが起動、
OVERSシステムが
プレイヤーの同一存在を生成するために
DOLLプレイヤーシステムがブートらしい。
ドールプレイヤー…
善行がドールプレイヤーの介添え人とかなんとかあったなあ。
OVERSシステムとの違いがよくわからんが…ふむ。
まあ、設定はとりあえず置いておこう。






主人公選びは、先達の幾人かと被るので悩んでいたのだが、
やはり工藤百華にすることにした。


GPMと同じOPが流れてちょっと嬉しい。
できれば5121小隊集合図は
描き下ろしくらいしてくれても…とか思ったが、
それは贅沢というものか。


さて、空先生と面通しも済み、授業開始。
なんかチュートリアルしてくれる気はないようだ。
見たきゃ勝手にビデオ見ろとのこと。
うーん。GPOから始める人もいるだろうに。
ビデオ見るのはそれはそれで面倒なんだよな。
初心者は見方もわからないかもしれないし。

まあ、チュートリアルを任意でスキップできるのは
良いことだとは思うが、
1周目はいつも通り細かく逐一教えて欲しかったなあ。


あとは。

1.
なんか教室とか風景、及びキャラの質感に違和感。
うまく表現できないが、なんだか妙な感じ。
綺麗は綺麗なのかもしれないが…
変にイラストっぽいというか。
とはいえ、慣れれば気にならなくなるだろう。

2.
画面の切り替えが遅い。
GPMと比せば
同じかこっちのほうが早いくらいなのかもしれないが、
その点絢爛はスムーズだった。
この辺でストレスかかるのは残念なことである。






まあまあ、それはともかくレッツプレイ。

全体的にモッサリしてるのは毎度のことだ。
GPMも絢爛も、最初は非常にメンドイ。
面倒事の山から
自分にあったプレイが確立できるかどうかが、
面白くなるかどうかのポイントだと思ふ。


工藤百華小隊長の下に配属された面子は以下の通り。

佐藤尚也
谷口竜馬
吉田遥
野口直也
竹内優斗
小島航
石田咲良
上田虎雄
(まだ名前把握してないんで、誤字あったらすいません)

上4人が
整備兵でない人、前線出る人たちのようなんだが…
おい、この面子で何故吉田遥を前に出す。
なにを考えてるんだ。
配置換えってやっぱり陳情で可能なのかな?
でもとりあえず発言力のない序盤に
陳情なんてする気ないので、
しばらくは放置。
今のポジションでがんばってもらおう。


とりあえず2、3日プレイしてみての、
仲間への所感。

佐藤尚也

→最初は生意気なことを言ってたが、
 意外に仲良くしてくれる。
 昼休みになって「食堂どこなんだろうな…」と
 キョロキョロしてたら、
 昼飯連れてってくれた。
 良い奴。
 
 人物関係の値が最初から高めな気がするので
 今回はこいつがパートナーに設定されてるっぽい。
 なんかちょっと茜と被る。

谷口竜馬
→筋肉副官。
 美女隊長百華を体を張って守ってくれたまえ。

吉田遥
→なんか設定だと
 こいつに好かれてるはずだった覚えがあるので、
 人心を惑わす美女の百華さんとしては
 こっちから好きなそぶりは見せない方向で。

 と思ってたんだが、
 なにもせずともこっちからの愛情評価がかなり悪い。
 なんだ?なにかあるのか?

野口直也
→かしこそうな子?印象薄い。

竹内優斗
→ふつー。まだ印象薄い。

小島航
→もっとクールなキャラかと思ったが、
 特にそうでもない。
 まだあまり交流なし。

石田咲良
→最初から感じ悪い。
 「立場上部下だけど、
  実際は階級ではわたしが上なんだから」
 とか言ってたけど、
 え、君は普通に戦士じゃないか。
 こっちは百翼長なんだが。
 このポンコツめ!

 朝に一緒に登校しようとしたら、
 「あんた何様のつもり?」
 とか言われる始末。

 だが、このツンツンぶりは予想以上で
 けっこう好きだったりする。
 が、ロールプレイとして
 百華にはこのままいがみ合っててもらおう。

上田虎雄
→なんかオドオドした子みたいなので、
 こいつを翻弄してみることに。
 あまりこちらからは話しかけず、
 しかしなるべく良い印象を与える。

 うまくかかったか、
 2日目でいきなりデートに誘われたが
 曖昧に断ってやるわたし(笑)。
 くっくっく。
 「ぼ、ぼくのこと…どう思ってる?」
 「信頼できる方ですわ」
 とかやりとりしてみたり。






すぐに体力・気力が減る。

→回復に食事が必要。

→購入に金が必要。


おおん、お金足りないよ…。
とか思ったら、
あれ?
毎日支給されるんだ?


よし、せっせと訓練に励むか。
体力・気力がある程度ないと満足に動けん。

ちなみに、今回は授業受けてるだけでも
それなりの発言力が溜まるようだ。
戦闘活躍で入る分に比べたら
微々たるものなのかもしれないが、
序盤はありがたい。



で、3日目にして初陣。

例によって戦闘がわけわからんうちに
勝手に大敗扱い。
えー。
浸透作戦だから、端まで行けって言ったじゃん。
ちゃんと遂行したじゃないか。
到達が遅かったのかな?

ふむー。
戦闘システム自体いまいち把握できてないので
(一応チュートリアルは目を通したのだけど)、
あとで大絢爛ブログでも見ておくか…。



今のところまだ楽しいとか楽しくないとか
判断できる段階じゃないですねえ。
もうちょっと感触掴めるまでやらないと…。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 もう手遅れでした all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.