FC2ブログ
もう手遅れでした
わたしのとりとめもない雑記が 書き連ねられます。 読者への配慮とかはないです、と予め宣言。        (でもツッコミはご自由に)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
うおおお
「ドッグヴィル」見た。
うわぁ、ぼくこーゆう話大好きだよ!(嬉)

http://www.gaga.ne.jp/dogville/index.shtml
ああ、むかし米光さんがこどもそ

「見終わった後、劇場のポスターにあった麻生なんとかという人のコメントを観て唖然。ラストでスカッとした、とあっけらかんとコメントされてしまう絶望。これだけ判りやすい悪意が伝わらない絶望。ブッシュが戦争始めた時も空爆で人が死んだ時もスカッとした人が大勢いるんだろうなという絶望。」



と言っていたのはこの映画かー。

たまたま観たんですが、
時間が177分となっていてあまり観る気しなかったのですが
(長い映画嫌い。100分で収めろ、とか思っちゃう人。)、
実際前半はたるかったのですが、
観終わった後から見れば必要なたるさだったので良し。

ネタバレしたくないから、
内容詳細は避けます。


常々言っているじゃないか。
人はもっとあさましくあるべきだよ、うひゃははははは。
うひゃはははははははははは!

ちょっとネタバレなので以下反転。


・小理屈ばかりこねるニートは心底ダメだ。自分では善行のつもりだから始末が悪い。戯画化された自分を見ているようだわ。

・支配者階級の人間が下々の習性を学ぶ課程。

・このネタでエロゲ作れますね。

・人の惰弱さ、集団の惰弱さ、グレイスの傲慢さ。
 ああ、ああ。お前らは本当に最高だな。

・どっかのレビュー群から。
 

どんなにすごいカタルシスが待っていようとも、人間のこれほどにくだらない感情をイヤと言うほど見せつけることに、かけらほどの意味も認めません。ものすごく不快です。監督の人格を疑う。今までみた中で最悪の下劣で不快な映画。



どかん。

はい、つまり「それ」が「カタルシスである」ということが
この映画の批評性だろう。
最後にスカッとしちゃうのも、
わたしみたいにみんな最高だと愉悦に浸るのも同じことだろうな。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
大好きなニコール・キッドマン主演ということもあるが、ここ数年の僕のベスト1映画。3回見た。村に迷い込むグレース(ニコールキッドマン)。小さく、閉鎖的な村の住民たちは、よそ者を受け付けない。グレースは機知に富み、献身的に、村人に尽くし、徐々に関係が開けてい
2006/01/17(火) 15:06:10 | サーカスな日々
鬼才トリアー監督が造った、「地味な日常から表面的な落ち着きを剥ぎ取り、その奥に潜むどろどろした人間の本性を裏の裏の裏まで引きずり出して見せつける」入魂の一作。一般的に「いやぁ、すんげー激濃で重い内容。もう満腹で吐きそう。たまらんわー」という感想が多い
2006/01/31(火) 00:41:39 | ~Aufzeichnungen aus dem Reich~ 帝国見聞録
『ダンサー・イン・ザ・ダーク』『ドッグヴィル』と、人間精神の裏面の奥深くに入り込みながら世界でもっとも後味の悪い「結晶」を抽出するデンマークの鬼才映画監督ラース・フォン・トリアーの初期作品。初期といいながら実は完成度が高いです。ある意味、この作品のつ
2006/01/31(火) 00:49:04 | ~Aufzeichnungen aus dem Reich~ 帝国見聞録
copyright © 2005 もう手遅れでした all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。