FC2ブログ
もう手遅れでした
わたしのとりとめもない雑記が 書き連ねられます。 読者への配慮とかはないです、と予め宣言。        (でもツッコミはご自由に)
人中の竜 追記
ちょっと待って。

「かのもの=OVERS」仮説を重ねて考えれば、だ。

OVERS=プレイヤーという存在は、
ヤオト及びかのものの第7への侵攻を阻みたい
セプテントリオンにとっては邪魔な存在だ。

竜開発でそんなものを作ったら、
自分の首を絞めるようなものではないか。

いやまあ、セプテントリオンはアルスマグナ起こした時点で
自分で自分の首絞めてはいるんだが。
(とはいえ、ココはトラップ臭い気もするけどね)


ともかく、そういうことを踏まえるとなおさら、
「竜開発はセプテントリオンの思惑の外」という仮説は
説得力を帯びる。

……かもしれない。




で、わざとミスリードさせましたが。

竜開発の「竜」と
「OVERS(プレイヤー)」をイコールで結ぶのは
雑な論調だよねえ。

OVERSを無視しても、
リフレインの発生する存在を予測でき
人の可能性と絶望とをうまく操作できると言うのなら、
人中の竜は完成できるのかもしれない。

とりあえず実際に速水厚志という竜は完成できている。
OVERSが介入しているのは、
サラリーマンが希望を届けたり
士翼号を供与したりしたことであって、
それがなくとも竜としての速水厚志は完成しているだろう。
方向性は大きく異なるだろうけどね。
(魔王の未来はブラフだったとしても、ね)




結局、いつもの「OVERSの謎」に話は戻ってしまう。
5121小隊が認識したOVERSとは何なのか。
カオリやタキガワが再会を果たそうとした存在は。
速水とOVERSはどんな関係なのか。
ただの、「パイロット」と「機体のAI」の関係?
そうなのかなあ。

どうも速水とOVERSの繋がりに
妙なブラックボックスを感じるのは、
わたしの考えが空回っているだけなのでしょうか。




OVERSと竜を別個に考えるとするなら、
それはそれで面白い話ではある。


アリスを与え、可能性の大きい人間を人工的に作り出す、
セプテントリオンの兵器としての「竜」。
すなわち、絶望と現実から生まれる「竜」。

OVERSによって他世界のプレイヤーを召喚し、
常に最善手を選び続ける架空存在を実在させる「竜」。
すなわち、希望と幻想から生まれる「竜」。

2種類の「人中の竜」の作り方があるわけだ。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
OVERSさん
>速水とOVERS
OVERSをネットレースの神様と見るならば,速水はOVERSと契約を交わしたことでブータが別の人に憑くことになった,という解釈することも出来るかと。
確か舞についたんじゃありませんでしたっけ? ブータは。


>竜の作り方
極楽台風でのロイの提案とか,七夜月バッドエンドのVZとブランカの会話シーンとかを見ると,
ユーリが提案して実行しただけという感じでしょうか。
「研究」というからにはGPM時点ではまだ竜のはなしは未完成で,だからこそ速水が竜になったときのセプへの危険性は予測しきれていなかったと考えればつじつまが…あいませんか?

それにRSやDKのように個人的感情からセプで仕事をしている人もいますし,社員の統率がとれてないのかもですね。
2005/09/14
(水) 20:59:22 | URL | クレール #G/R0oQrY[ 編集]
全ては七星の光の下に!
コメントありがと~。

>確か舞についたんじゃありませんでしたっけ? ブータは。

ええと、

速水 イトリ
若宮 ミトリ
田辺 コトリ

がGPM時で、
後に小神族はAの娘たちにつく。
速水にはブータがつく。

…でなかったですっけ?

神々は運命につくということは、
速水・若宮・田辺の運命を
娘たちが引き継ぐのだろうか。

>極楽台風でのロイの提案とか,七夜月バッドエンドのVZとブランカの会話シーン

該当シーンの詳細をよく覚えてないです。
今度調べてみますー。


>社員の統率がとれてないのかもですね

ですね。

その上でブランカは予定調和な未来をうそぶき、
しばむ~は
「裏切り者なんて本当にいるんですかね」
とおっしゃる。

つまり、個々がどう動こうと結果的に
最後にはブランカの思惑に乗ってしまうことになる。
そういう確信が彼にはあるのかもしれないですねぇ。
2005/09/15
(木) 15:42:02 | URL | かすか #zrvSuWY.[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 もう手遅れでした all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.