もう手遅れでした
わたしのとりとめもない雑記が 書き連ねられます。 読者への配慮とかはないです、と予め宣言。        (でもツッコミはご自由に)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2月27日
雪だったね!不思議だね!

というわけでレモラさん、ぷーとらさんは
お疲れ様でした。

チケットトゥライド→珍しく勝てたので満足です。
ドミニオン→やっぱりランダムは良くない。
カタン→締まらなかった。
コロッサルアリーナ→どうも自爆したっぽい。

4つしか遊べませんでしたが、
どれもある程度重いゲーム(ごきぶりやニムトと比べて)なので
こんなものでしょう。

ともあれ楽しかったです。
飲みは話題に乏しくて微妙でしたが(笑)。ごめんね!
まあ、イカが美味かったので何も問題ないです。

また来月以降にもテキトーに遊びたいと思うので
都合つきましたらよろしくお願いしますー。
スポンサーサイト
2月23日
起床。
なぜか唐突に積みゲーの1つを再開させたくなる。
(ワイルドアームズXF)


探そう。
前にやったのはいつだったっけか。
……おや?
そういえばここに引っ越してから見てない気がする。
…1年以上触ってないの…?



部屋もだいぶ散らかっていたので、
その整理も兼ねて捜索を行う。



見つかった頃にはすっかり日が暮れていた。
部屋はまあそれなりには片付いたが、
横に広がっていたものを
積み上げて縦に伸ばしただけとも言える。



見つけた当のゲームは、
久しぶり過ぎて進め方がイマイチわからない。
最初からやるか…。 ←今ココ




かくして、積み本も積みゲーも一向に減らない休日。
…なんか、かすかさんは時間の使い方が凄い贅沢だと思いますヨ。
2月17日
************

Amazon.co.jpで、以前に「デイヴィッド アーモンドの『肩胛骨は翼のなごり (創元推理文庫)』」をチェックされた方に、松本 清張の『青春の彷徨―松本清張短編全集〈06〉 (光文社文庫)』のご案内をお送りしています。

************

アマゾンのアカウントを作ったので
(買ったのは前回書いた1回だけだが)、
持っている商品としてチェックしたものなどを参考に
おすすめ商品などを見せてくれる。

その関連か、たまにメールでおすすめ商品を案内してくれるのだけど…。

肩胛骨は翼のなごりから松本清張??
さっぱりどういう基準で選んでいるのかわからないです。
2月15日
2月23日(月)、24日(火)。飛んで、26日(木)、27日(金)。

このあたりで誰か都合つくようなら、
ボドゲとか遊びませんかー。
せんかー。
2月11日
……。

6280円って言ってもさ、
抱き合わせみたいなものなんだから
片方3140円って思えば安いじゃない?

マニアクス付きアバドン王。

いや…やる時間ないんだけどね。
P4やってると、
ペルソナとしての悪魔より
仲魔としての悪魔が恋しくなったんだよ!


****************


フラジールは休日にのんびり進めてる。
廃墟モノ(そんなジャンルあるの?)としては微妙…。
細かく作ってはあるのだけど。
求めているような寂寥感は、
ICOの古城とか
メガテン系の異界化都市とかをウロウロしてた方が味わえるような。

時代設定がまだよくわからないけども
だいぶ昔に滅んだことになっているのか、
レトロっぽい看板などが散見される。
それはそれで悪いわけではないが、
そういう古き良き昭和の風景ってとても作り物めいて感じるので
リアリティを損なうように思う。
普通に現代から廃墟化していった形で良かった気がするなあ。
2月9日
前に書いたRPGについての話で

>1:子供のキャラクターをパーティに加えるのをやめさせるべき

これについて、1つ書き忘れていた。

この件で一番ぼくが印象に残っているのは
グランディアのスーです。
あれは丁寧に作っていたなぁ…。

ググったら出てきたので、
ネタバレOKな人はこちらでどうぞ。
コメントにもあるけど、
ここに至るまでの経緯も
しっかり描いていた気がする。



2月8日
「消された一家 -北九州・連続監禁殺人事件-」 豊田正義


えー、よくできたノンフィクションなんですが、
事件が事件なので…
よくできているがゆえに胸糞悪くなること受けあい。
そういう意味で全くお勧めはしません。
なので今回は特に内容には踏み込まないです。

それなのに何故わざわざ書くかと言うと、
ぼくは実はこの事件を知らなかったんですよね。

細部を知らなかったとか真相を知らなかったとか
そういう意味じゃなくて、
事件自体をつい最近まで知らなかった。

そりゃ残酷な事件を毎回記憶に留めているわけではないですが、
大きな事件なら逮捕当時に大きく報じられて
イヤでも情報が入ってきます。
平成以降に起きた大きな事件なら、
概要を聞けば
「ああ、そういえばそんな事件あったなぁ」とか
「なんか聞いたことある気がするな」とか
思うものなのですが、
この事件に対してはそれがない。
全く覚えがなかった。

たぶん、当時たまたまその手の情報に全く触れなかったか、
内容をよく知らない程度にしか見ていなかったのでしょう。
(知ってたら「みーくん」とか読んだ時に想起したと思うもの)


文庫版あとがきによると、

・あまりにも残酷な事件なので表現方法が極めて困難。
・遺族がアクションを起こさない。
 (家族同士が殺しあったので遺族が少なく、
 親類縁者も沈黙している)

といった理由から報道が敬遠される向きもあるようで、
それも多少は関係しているのかもしれない。

…いやまあ、単に「ぼくが情報弱者だから」で済む話なのだけど…
そんなこんなで、
知らなかったことでむしろ気になったので読んでみたのでした。
2月7日
「JRPGが変えなければならない7つのこと」
http://plusd.itmedia.co.jp/games/articles/0902/03/news054.html

>1:子供のキャラクターをパーティに加えるのをやめさせるべき

別にやめなくていいが、
ちゃんとした理由付けや納得できる背景・経緯は用意して欲しいな。


>2:悪人はもっとクールに

90年代以前の悪役って、具体的には誰よ?
でもまあ、なんかパッとしない敵役が多い傾向は感じる。


>3:装備を変えたら外見も変わるべき

装備毎に外見変わると確かに嬉しいけど…
ぼくはコンピュータゲームに対しては
記号性バンザイみたいに考えている部分があるので、
「そんなの脳内補完しろよ」という意識の方が強い。
そこで変に容量食われるくらいなら、他に力を回して欲しい。

システムとか、そのゲームの方向性によっても変わるなあ。


>4:もっとまともな声優を

まあ、それはお前らがもっとローカライズ頑張れとしか。

でもオリジナル音声でも、
話題作りで下手なタレントをあてがうのはやめていただきたい。


>5:ムービーシーンであっさり死ぬキャラクター

大事なイベントシーンだけムービーで表現しようとするから、
通常のシーンと齟齬が生じるんだ。
そういう観点では、極端に言えば
ムービーで場面表現すること自体がゲームとしては負けてる気がする。
使い方次第なんだろうけど。

とはいえ個人的には、実際にさほど違和感を抱いたことはない。
「そういうもの」だと思って、適当に脳内補正されている。


>6:もっとダンジョンにパズル要素を

全部にゼルダクオリティを求めるのはハードルが高すぎやしないか。

しかし、今回の7つのうち一番強く同意できるのはこの件だ。
大して面白くもないただの迷路を、
延々と歩かされるのは非常に苦痛です。
パズル要素に限らなくても良いけど、
一定以上のなんらかの楽しみを提示して欲しい。

だるいダンジョン踏破で真っ先に思い出すのは「.hack」だな(笑)。


>7:ヒーローにも悪の側面を

これは、わりとあるような…
あー、クレイトスみたいなヒーローを求めているのか?
確かにクレイトスはかっこいいな。
2月6日
http://persona.atlusnet.jp/index.html

ぺるそなー。

音楽やムービー、ゲームバランスはいじっているけど、
画面写真とか見る限りでは
基本的なシステムはわりとそのままっぽいかな。

PS版結局いろいろあってクリアできてないし、
やってみるか。
かんどりぃぃぃ!

…まあ、発売日までに積みゲーが3本…いや2本くらい片付いていればね。
2月5日
諸般の事情で、
先日初めてアマゾンで本を注文しました。

本に限らないのですけど、
ネットで買い物を解禁すると
際限なく買っていきそうなので
禁じていたのです。
ただでさえ積み本や積みゲーが増えていっているのだから!


本屋とかゲーム屋とかをものを探してウロウロするのが好きですし、
今後もなるべくネットでの買い物は避けるつもりですが…

店頭であまり見かけないタイトルがあると心揺らぐなあ(笑)。
2月4日
ようやくP4をクリア。

ネタバレ全開になるので内容の感想は伏せますが
(機会あればそのうち書くかも)、
良い出来のRPGですね。楽しかったです。

去年の10月~11月くらいに終わらせるはずだったのに、
だいぶ伸ばしてしまったなあ。

未達成コミュのシナリオが非常に未消化な気分なので
2周目もやりたいのですが、とりあえずいったん休止。
やる気あるうちに再開しないと2度とやらないだろうから、
近いうちにやると思う…たぶん。

本当は2周目のモチベーションのために
あえて真END見ずに1周目終わらせようかと思ったのですけどね。
あんなあからさまに「真のENDあるよフラグ」出されたら
行くしかないじゃないか!

つーか、わざと先にノーマルEND見せる仕様は、
感動のピークがブレるのでどうかと思います。
ノーマルEND見る前に真END見ることは可能じゃないかって?
そりゃ可能ですけど…意図的にノーマルEND回避しなければ
まずはノーマルを見る人が大半だと思うけどな。
直前にセーブできているんだし。
※細かい条件調べてないで書いているので、
 本当に可能かどうかは知らない


さあ、次の積みゲーを崩しに行こう…。
かすかさんの旅はまだ始まったばかり!

とりあえずフラジールかな。
copyright © 2005 もう手遅れでした all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。