もう手遅れでした
わたしのとりとめもない雑記が 書き連ねられます。 読者への配慮とかはないです、と予め宣言。        (でもツッコミはご自由に)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1月29日
「ドミニオン」について。
(この間、ぷーとらさんと遊んだ)

http://54709.diarynote.jp/200812031632552896/

お金を買い続ける…だと…?

その発想はなかったわ。
最初にチラッと発想はしたけど
(だってルール説明に
 「金買ったってリソース消耗ではないんじゃよ」って明記されてるし)、
あまり有効とは考えてなかった。

でもそうだよね、
ターンが重なれば重なるほどそれなりに強い戦法だよな。
ここにも書いてある通り、
「購入フェイズでコインカードは何枚でも出せる」から
死にカードになりにくいのが強みだろう。

逆に、本当に極端に強いなら
ここにローカルルールで枚数制限つけちゃえば良いかも?
まあ、必勝なわけでは全然ないようなので
今のところはそんな気はないけれども。
使う王国カードの組み合わせでも、大きく変化すると思う。

なんにせよ、そのあたりの検証も含めて
また遊びたいです。
スポンサーサイト
1月24日
「ナインの契約書」  二階堂紘嗣

ライトノベル。悪魔と契約してなんやかや、という話の短編集。
3本入っていますが、どれも鬱…というか暗い話。
わりと好きではありましたが、
鬱話としてそれほど目新しい点も感じなかったな。

表面の出来事になんのオチもつけない、
という点でエピソードとしては「おわかれに向けて」が一番好き。

「消失者」は(以下、ネタバレ含む)
[1月24日]の続きを読む
1月21日
「くらやみの速さはどれくらい」 エリザベス・ムーン 小尾芙佐 訳

”光の前にはいつも闇がある。
 だから暗闇のほうが光よりも早く進むはず。”

帯などでは21世紀版「アルジャーノンに花束を」となっているけど、
アルジャーノンとは似ているようでいて違うテーマだと思う。
違うというか、より深いと言えるか。
(って、ぼくはアルジャーノンの話は知ってるけど
 ちゃんと読んだことないや)


自閉症者のルウが主人公で、
基本的には彼の主観で綴られていく。
彼はどう物事を感じるのか、考えるのか、
通常とは異なる見え方を示しているのだけども、
それでもルウに共感を覚える人は多いだろう。

結末も含めて、だいぶ良い本でした。


********************

読んだ本などの記録をまとめて書こうと思うと、
全然書き出さないことがわかった。
1冊ずつちびちび書いていこう。
もっと短くていい、三行でもいいや。
(自分に言い聞かせてみる)
1月17日
http://www.cc2.co.jp/hack_link2/index2.html

PSPで.hackの新作を出すそうです。
HPにはまだあまり情報出ていませんが、
ファミ通の記事を立ち読みしてきました(笑)。
今までの作品を連結する全部入りだとか。
旧キャラ出すなら…
HPの序文なども考えると、
時間移動とかするんかいな?
と邪推してしまいます。


さらに完結編とも言っている。
これはちょっと意外でした。
無印、G.U.に続く第3期のシリーズ展開をすることもできたと思うんですが、
あえてそれはしないという選択なのであればその点は評価したいです。


アウラが眠りについた理由とか語られるんでしょうか。

「ターミナルディスクやG.U.作中で十分説明してたじゃない。
 あれじゃ納得できない?」

できないわけじゃないですがー…。
むしろ思想的には好きです。
でも、なんでそれをちゃんとメインに持ってこないのかと。
そのくせG.U.本編ではAIDAとかトライエッジとかで引っ張って、
わりとどうでもいいオチしか用意してないし。

端々に好きな要素はあるのですが、
無印もG.U.も
メインのシナリオでうまくテーマを語れていない印象が強いです。
なんか薄いのです。

うむ、脱線しました。旧作への愚痴は置いておいて。

今回は全体的に明るいデザインになっていますね。
どういうゲームかもまだよくわかりませんが、
今までとは違う形になると思いますので
その辺りも楽しみです。

ただの外伝的な話ならスルーする気でしたが、
ファイナルだというのならまた乗ってみよう…。

三郎出るかなー。


***********************


http://fragile.namco-ch.net/


発売日が近づいて参りました。
Wiiとセットで買っちゃうか、買っちゃうのか!?
とか言っていましたが、

全くわたしの気分の問題ではあるのですが、
そんなに購買意欲が上がらず。

正直ですね、
V&B作ったところの作品だという予備知識がなければ、
あまりピンと来なかったと思うのです。

好きなテーマと言えば好きなテーマなんですけど…
それゆえに、どう描くかで好き嫌いが激しく分かれる部分なのです。

これのTVCMで顕著だったりするのですが、
「トラウマとか孤独とか抱えていなければならない」と思いこんでたり、
安易に癒し癒しと言いたがったり、
そういう現代風の傷モノぶったメンタリティはイヤなのです。
うざったいと思ってしまうのです。


本体とセット買いはしんどいし、
とりあえずペルソナ4終わらせないと他のゲームなんて買ってられないし、
スルーしようかな。


ああ、でも、

http://blog.lv99.com/?eid=866610

「結晶のようなイメージを死守すべきゲーム」
「理解者を捜す話であるだろうこと、そしてきっと発見するのはただの理解者ではないだろうということ。」


こういう文を読むとやはり期待してしまうなあ、
欲しくなってしまうなあ(笑)。


PV見る限りでは、キャラの中ではP・Fが一番好きそうだ。
copyright © 2005 もう手遅れでした all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。