もう手遅れでした
わたしのとりとめもない雑記が 書き連ねられます。 読者への配慮とかはないです、と予め宣言。        (でもツッコミはご自由に)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
映画
ポニョ→エロスへの興味で。
ダークナイト→アメリカと正義のヒーローへの興味で。
矛盾螺旋→邪気眼的なものへの興味で。

なんか興味の方向が歪んでいる気がするが、
どれも見たいなあ。


でもなんだかんだで、
結局映画館までは行かないんだろうなあ。
(引きこもり体質)


まあ、もしかしたら発作的に1日で3つ見てくるとかやるかもしれん。
(上映スケジュール的に可能かどうか知らんが)
スポンサーサイト
てくにっく?
http://anond.hatelabo.jp/20080824041507

テクニックなー。

入り口でそんなカッチリと技術を教えても
やれることの幅が狭くなる気もするし、
昨今のハウトゥ本をすぐに求めてしまうような
安易な志向に乗った考えにも思える。

でも、実感としては8割方この文章に同意できてしまうなあ。

実際、ぼく個人の経験からすると
学校で教わって何か身につけたことって限りなく少ない…。
読み書きは別に小学校で習ったわけじゃないし(補強はされたけど)、
計算…は一応「数少ない身につけたこと」に入るかな。

まあ、しかし何を教わってるのかよくわからない
イイカゲンな場だからやっていけたという側面もあるから、
それが良くないとも…
あー、その結果として出来上がったのが
何もできない今のぼくなのであれば
ちっとも良くないのか。


いやいや、ぼくの不出来は飽くまでぼくの問題であり、
「教育システムがもーちょっとこうなんとかならんか」
という問題とは切り離して考えるべきよね。


http://blog.lv99.com/?eid=827522

「てんどんはごはん1つにえび2つ」って普通に名文だろ(笑)。
それで怒っちゃう国語教師は道を間違えすぎだと思う。
あったよー
上野駅の本屋がそこそこ大きいと聞き、
帰りに寄ってみる。

あった!
七王国の玉座2~5が揃っている。
(なぜか1巻はない)
第2部の王狼たちの戦旗も揃っているぜ。

偉いぞ!

思わず5まで一気買いしそうだったが、
財布からお札がなくなりそうだったので断念。
2と3だけ買いました。




帰りの電車で読み始めたら、
初っ端からジョフリーがフルボッコにされてて吹いた。

お前…本当にダメな奴だなあw
このまま性格の曲がった皇子のままなのか、
それとも何か転機を迎えることになるのか。
なかったー
有隣堂にも「七王国の玉座」2巻なかった。無駄足!
3巻以降はあったけど。


おまえらも本屋なら、
氷と炎の歌くらい常に棚に揃えておけ!

まあ文庫スペース自体限られているし、難しいんだろうけどなー。


しょうがない、久しぶりに神保町行くかのお。

(取り寄せしてもらうとか、ネットで買うとかいう発想はないようです
雑多に
・「デスノート:リライト2」を見る。
(今回は後半しか見てないが)

前回もそうだったけど、
なんでTVシリーズでぼくが好きだったシーンが
ことごとくカットされてるの?
演出の人とかコンテ切った人とかが違うのだろうか。

別に新作シーンとか、ぼくとしてはあんまりおいしくないしなぁ。

シナリオに期待するもんでもなかろうし、
総集編なら尚更に情景を大事にして欲しかったな。


・「七王国の玉座」1を読み終える

最近すっかりライトノベル脳だったこともあり、
最初はあんまりピンと来なかったけど
頑張って読んでたらいつの間にかはまってた。

最後にちょっと情でも見せるのかと思えば
「おまえがこうなればよかった」と言われる、
ジョンとケイトリンのシーンが気に入りました。

今の勢いのまま続きを読みたいので
2巻を帰りに買おうと本屋を探してみたが、置いてない!
使えない本屋どもめ!

ヨドakiba上の有隣堂でも見てくるか。


・「ギャラクティカ」借りて見てる。

「君は見失っている。法の本来の目的をな。
 法は人を守るもので、吊るし上げるものではない。
 以後、われわれに残された道が何であれ、これよりはマシだ」

艦長かっこいいな!

噂は聞いてはいましたが、予想より面白かった。

なんで人が乗って飛べるようになってんだよ、
というかそれで宇宙飛べるのか。
密閉されてない気がするけど平気か。
とか、そこは激しく突っ込みたかったけど、
まあ全然本質じゃない部分だから本当はどうでもいい。

5巻まで観た、
6巻以降はまだ1週間レンタルにならないから(笑)、休止中。

・「R.O.D -THE TV-」見る。

TOKYO MXで最近やってると伝え聞き、
悔しいので借りてきて頭から見てる。

数年前にフジテレビの深夜にやっていたんだけど、
放送枠の都合で半端なところで切られたんだよね…。
この件については未だにムカついており、
「許さないぞフジテレビ」とぼくの中坊魂が憤り続けているぜ。


ようやく最後まで見るんだ…。


ミシェール役の菊地祥子さんって、
ここからもっと売れそうな気がしていたのだけど、
以後もあんまり目立った役はやってないのなー。
兼業声優で、あまり仕事入れてないのかなあ。
魔竜院光牙最後の闘い
「AURA」読了。


そんなエンドが成立するものかぁぁぁぁ!



と思いつつも、面白かったです。
やはりロミオは天才だな。

しかしなんだろうな、なんか涙が止まらないぜ、
主にイヤな意味で!!





>そんなエンドが成立するものかぁぁぁぁ!

まあ、ラブコメだし(だよな?)、
これで良いのです。

というか途中で一郎が
「袋小路なんだ。おまえの目指す道。どこにも行けないんだ」
と言う通り。
マトモに行ったら悲劇にすらならない、
絶望にしか行き着かないもんな!な!




前回説明してないので一応どんな話なのか書いておくと、
厨二病の話です。
それも、いわゆる妄想戦士の類の。
ヒーローシンドロームです。

その方面の人々にとっては、
色々古傷を抉りすぎてイタくてしょうがないシロモノかと思います。
ああ、こうして書いている間にも頭を掻き毟って悶えたくなる!w


いや別にぼく自身はそんなオープンに妄想戦士だったことはないよ。
でも、そういう厨っぽさは未だに内に宿したまま治る気配がないので、
色々痛々しいよ。



>結局、最初のリサーチャーが対峙していた情報体(モヤ)の正体は?

本物の怪異です。

どうだろーなー。
結局「モヤ」でしかないわけだし、なんとでも言える気はする。
夜の学校に謎の魔女登場で、完全にソッチに浸ってしまったので、
見えないものだって見えるさ。

なんにせよ、わざと説明しないで残したんじゃないだろうかと思うのは、
ロミオ氏を買い被りすぎですか。

それよりも。
メダルが魔女っ子玩具だと露呈してもなお、
例の声が良子の腹話術だと判明するまでは
「良子は本物の魔女」
(あるいはその可能性も含んだまま最後まで物語は進む)
という線も捨て切れませんでした。

これはやっぱりぼくがデイドリーマーだからですか。
そうですか。



でも本当に二次元ファンタジーなのは
美人おねーさんの養護教諭だと思う。

もう国は責任持ってちゃんと保健室に美人教師を配備しろよ!
してみせろよ!



子鳩さんは、結局最後まであのままの子鳩さんだったな。
まあ、「灼眼の-」とか読んでる人だし、
最初から素養はあったのだろう。




実際、良子クラスの妄想戦士はそうそういるまい。
というか、そこまでできるならむしろ憧れる。

普通は、せいぜい織田止まりだろう。
いや、織田もキツいけども。

でも後半ちょっとかわいかったです、織田。



鼓膜エピソードは、桜庭を思い出します。
作者になにか実体験でもあるんですかねえ。
ナナシノゲエム
ちょっと前に一応クリアしたのだけど。

結論から言うと、つまらなかった。

そんなに大した期待はしていなかったのでダメージは少ない。
ほ、ホントだよ!



このゲームの出来がどうこうと言うより、
ぼくがコンセプトを見誤ったのかな。


なんかただのお化け屋敷的なホラーものでした。
もっと虚構と現実を揺さぶって欲しかったんです。
記号要素が今より高い、FC時代のゲームの持っている薄ら寒さを
うまく扱った作品を期待していたんです。



とはいえ、その見誤りを差し引いても、
話は突っ込みどころ満載だし、
「ただのお化け屋敷的なホラー」として捉えるなら
尺がだいぶ短い。
(しかし、操作性が悪いので
 もっと長くしてくれとも素直に思えないのだが)


音だけは、気を使っていました。
音楽というよりは、効果音的な部分で。


まあ、総じて評価は低い。



お化け屋敷やりたいなら、
ゲームをテーマに据える必要が特にないよね。
そこの彫り込みがあまりに浅い。



ゲーム本編より、公式サイトの方が出来は良い気がします。
AURA
「人類は衰退しました」が好評な、ガガガ文庫における田中ロミオ。

その田中ロミオ氏の別新作が新刊予告などに載っていてわくわくするも、
タイトルを見ると







「AURA ~魔竜院光牙最後の闘い~」







なんだこれ。




あまりに厨臭が漂いすぎる文字列。



まあライトノベルらしいタイトルではあるのだが、
あまりに直球すぎるので普通のライトノベルじゃないだろう。
ロミオが普通に普通の普通な、その手のライトノベルを書くとも思えないし、
なんかパロディ系の作品だろうか。



そんな戦慄と期待と不安を抱いてから、
いくらかの時が過ぎ。
先頃、ようやく読み始めましたよ。




……。


あああああああああ…ッ!



そういう話かああああああああぁぁぁぁぁぁ!!

(続く?)
管理人様、不適切でしたら削除願います
http://blog.lv99.com/?eid=820801

全く同意で、
「馬鹿っぽいからやめたほうがいいと思うんだけど、どう?」
と問われれば
「うん、馬鹿っぽい。やめよう」
と返すしかないな!


少なくともぼくが管理人側だったら
「ああ、ぼく馬鹿にされてるのね」と受け取る。

でも、わりとよく見るフレーズです。
よく見かけるフレーズは、
ぼくなんかは何も考えずに適当に書いてると使っちゃうことがあるので
(もしかしたらもうどっかで書いてたりして…。
 いや、そもそも「何も考えずに適当に書いてる」のが良くないな)、
気をつけよう…。

未だライブでの熱が冷めないので
ニコニコから関係曲の動画拾っています。


「sprinter」



いやにかっこいい、巴の主題歌。

kalafina元々好きですけど
(空は、小説読むよりも映画観るよりも、
 「おお、梶浦制作の主題歌だキャッキャ」
 という反応の方が先だし)、
前まではどっちがWAKANAでどっちがKEIKOかも知らなかったです。
というか、顔を知らなかったです。
だって、中の人なんてあんまり気にしないもの!

でも、ライブで直接見てからは、
やっぱり思い入れが段違いですねー。

4章までの主題歌と比べると普通にポップな曲です。
梶浦テイストが好きな人はARIAの方が好きかも?
ぼくはどっちも好きだ!


「dream scape」


ライブで序盤にかかった曲。
ちゃんと聞いたのは今回が初めてだったけど、
良い曲でした。

ツバサの挿入歌の1つなのですね。
他のツバサの楽曲はこんな感じ。


こりゃあ、ツバサのサントラも全部揃えるべきか。
1はとりあえず今回の物販で記念に買ったけども。


前の日記に書いたゴッシブはこちら。
(モノノ怪は知らないけど、猫良いな)


こんなの生で聞かされた日にゃ、もう。

元はゼノ3のデウス戦の曲らしい。
ゼノ3のサントラも買わねばならんのか。
うわーん、キリないよー。

YUUKA以外のFictionJunction


YUUKA以外にも、いるんだぜ!
こっちも良いです。

YUUKAも好きですけどね。
MADLAXやエルカザドの類をやらなかったのは、
次回以降で侑香を迎えてやってみせるための布石ですか?(笑)


*************

コゼットのサントラは
近所のTUTAYAにレンタルがあったから曲データは持っているけど
(決して品揃えの良い店ではないのに、コゼットサントラだけ何故かあった)、
CDは持っていないんだよな。
あれは名盤なので所持しておきたいが、
今回の物販にも並んでなかったし
もう店頭在庫のみなんだろうなあ。
コゼットについては本編も見てみたいな。
ごっしぶー
昨日のライブのセットリストの曲を
(一部持っていない曲を除き)、
PSPに入れて聞いてたりしている。

だが、やはり当然、昨日と比べると物足りないなー。
早く!早くライブDVDを!


しょうがないので、
持ってないゴッシブ(godsibb)をニコニコで探し大音量で聞いてる。

昨夜の伊東恵里さん+歌姫ーズ×4で生ゴッシブとか、
あまりに贅沢すぎた。
涙が出るわ。

******************

(ぼくのいた場所からは角度的に一番視界に入りやすかったせいもあり)
KEIKOさんがやたら元気にかっこよく動いていたのが印象深いのですが、
経歴調べてみたら
「2006年にミスエアギタージャパンコンテストで審査員特別賞を受賞。」
とか書いてある。
エアギター! それであんなにサマになってたのか!(そうなのか?)

まあ、紹介時も言われていたけど低音ボイスが素敵なお方です。
KEIKO版「宝石」も素晴らしかった。
行ってきた
というわけで、前述のとおり梶浦由記ライブに行ってきました。
散髪はやめたけど(笑)。

音楽ライブ行くのが年単位で久しぶりなこともあり、
とても堪能してきましたよ!

2時間くらいで終わるだろうとか侮っていたんですが、
3時間近くやってました。
(19時開演で、会場出た時には21時50分過ぎてた)

でも最後までテンション高く駆け抜けましたよ。
ほとんどは知っている曲でかつお気に入りのものなので、
ぼくとしてはずっとクライマックスみたいなものなのです。
まあ、体力的にはしんどい面もありましたが!
(次回は4時間(笑)とかいう冗談めかした話も飛び出してたけどね)

ボーカル4人組の歌唱ももちろん良かったですし、
やってて楽しそうなのが好感が持てました。

「宝石」歌うとは思わなかったなー。
意外性ではこれが一番だったかも。

あとは、前にラジオ出演していたのを聞いた時にも思いましたが、
梶浦さん結構トークもいけます。
メンバーの紹介とか面白かったです(笑)。


強いて言えば、
MADLAXやエルカザドの楽曲がなかったのが寂しいですが、
結局その辺は言い出すとキリがないですね。
聞きたい曲全部やるには4時間でも足りないでしょうし。
次回以降のライブで期待します。
…行けると良いなあ。

秋にはライブDVD出してくれるらしいので、
とりあえずはそれを楽しみに待つとします。


曲リストとか書き出そうかと思ったけど、面倒なのでヤメ!
きっと誰かがどこかで上げるだろう。
 
会場での画面の表示が何度も間違っていたのは
ご愛嬌だと思って突っ込まない!
でも「NOIR」が「NORI」はないと思うんだ。誰だよ、ノリって!
(結局突っ込んでる)
[行ってきた]の続きを読む
copyright © 2005 もう手遅れでした all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。