もう手遅れでした
わたしのとりとめもない雑記が 書き連ねられます。 読者への配慮とかはないです、と予め宣言。        (でもツッコミはご自由に)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
うがー
「なぜかいきてます」
「ふしぎだー」
「いきてるってふしぎです」
「じつは、いきてないのかもです」
「せかいはもしかするとじぶんひとりのまぼろしかもです」


(出典:「人類は衰退しました」)
スポンサーサイト
何でも楽しいという友人
「何でも楽しいという友人」
http://anond.hatelabo.jp/20070823233243

これの正反対なのがわたしなわけで、
まあ、故に、
そういう人がいても大して不思議じゃないです。
会ったことはないけど。


といって、そんな話が私に対してなんか参考になるかは
限りなく微妙ですが。

ここまでの前向きさとなると、
もはや生来のものだろうしなあ。

前向きになろうと思ってなれるわけでもなし。

次の購入目標
「ゴッド・オブ・ウォーII」 10月25日発売予定
http://www.capcom.co.jp/gow2/

ようやく日本版が出ますー。
SCEアメリカのゲームのはずですが、
何故か日本ではカプコンから出ます。

またあの鎖のついた刃をぶん回せるのですね!
「鎖のついた刃」とか書くと
なんかしょぼい武器に聞こえますが、
ダイナミックに動く!斬る!突く!そして殺す!
ので、カッコイイですよ。
アクション含めて、良いデザインの武器です。

1がまた安くなって出るみたいなんで、
未体験の人は買うと良い。
2000円でこの内容なら
どう考えてもお買い得だと思います。


しかしサイトリンク貼ったものの、
まだ中身ないのね…。

で「God Of War2」で検索すると、
海外版の攻略記事か
おっぱい記事が出てくるわけですが(笑)。
日本版だと
さすがにモロ出しではなくなるだろうなあ。



「12RIVEN」12月6日発売予定
http://www.kid-game.co.jp/12r/

こっちも発売日出てた。
KID潰れた時はどうなるかと思いましたが、
発売できそうで良かった良かった。

一応これやる前に「R11」もプレイしておきたいですが、
ちょっと無理かなあ…。
まあ内容的には「E17」の後継だろうし、
そもそもお話や設定のつながりはほぼ無いと思います。
なので、R11片付けておきたいというのは、
単に個人的なこだわりなのですけどね。
荒縄の姫君
>戦う司書と荒縄の姫君(山形石雄)

以下、ネタバレ注意です。



[荒縄の姫君]の続きを読む
人類は衰退いぇーがー
>人類は衰退しました(田中ロミオ)
>ナハトイェーガー ~菩提樹荘の闇狩姫~(涼元悠一)



以下軽いネタバレ注意されたし。
[人類は衰退いぇーがー]の続きを読む
酔歩する人生の物語
暑くて寝れないのです。
生活パターン崩しても困るので
無理にでも寝ようとベッドの上で頑張ってましたが、
頭だけ冴えてきちゃって
挙句に色々考え出して鬱々としてきたので、
もういいや!
今日は寝ないもん!

時間つぶしに、
読んだ本の感想メモでも書こうと思います。
読んだ時期とかはバラバラです。


>酔歩する男(小林泰三「玩具修理者」)
>あなたの人生の物語(テッド・チャン)

重いネタバレは避けているつもりですが、
内容に触れないわけにもいかないので
以下、ネタバレ気にする人は回避した方がいいかも。














[酔歩する人生の物語]の続きを読む
終焉へ
>オーディンスフィア

5番目のベルベット編も終了、ようやく「終焉」へ。
終焉の災厄は基本的にボス戦オンパレードで展開されるらしく、
今までの5章のキャラをセレクトして戦うみたいです。

が。

「レベル上げたり魔法薬を用意するには、
 各章に戻って準備してね♪」

などと仰る。

戻るのは別にいいんですが、
本当にその章の最初に戻されるんですよ。
各章クリア時のレベルやアイテムは保持していますが、
最初のステージからやらないといけないんです。
一応、抜けるのはいつでも自由、
セーブさえしておけばその時点のステータスが終焉でも反映されますが…。

それにしたって面倒くさいです。
例えば、HP上げるためには料理屋に行くのですが、

 後半にならないと料理屋に行けない
→そこまでまたステージをクリアしていかなければならない

とかそんな感じなのです。


や っ て ら れ る か 、
こ の 野 郎 。

とコントローラを叩きつける次第です。


クリアした章は、
フリーでラウンド回れるようにしておいてくれれば
それで済む話だと思うんだけどなー。
話の回想はどうせストーリーアーカイブで見れるのだし。


まあ一事が万事そんな感じで
ゲームとしての作りこみがどうにも甘い作品に感じます。

ただ、舞台的な台詞回しとかお話とかは
かなり雰囲気いいのですよ。
逆に言えば、それの魅力だけで
かような苦行にも耐えて進めているわけですが。


ともあれ終焉への準備は手間取りそうなので
クリアはまだ遠そうです…。

先生と犬
「最近、トニーは
 クラリッサさんの傍にばかりいますよね…
 ちょっと寂しさがうずく34歳です。

「え? そうかな?
 そんなことないよ。

「ああ見えてトニーも男の子。
 若さに騙されないか心配で…。

「騙すだなんて人聞きの悪いッ!
 もう~、だいじょうぶだってば。
 ヘンなこと気にしてないで先を急ぎましょう。


***************

そんなラブライナ先生とトニー(雑種犬)が好きです。

そういえば
「何かあった時には
 犬よりも飼い主の名が書いてあった方が良い」
というわかるようなわからんような理屈から
トニーの首輪には「ラブライナ」と書いてあるんですが、
あれは「わたしのもの」という
ラブライナの独占欲の強さを示しているんじゃろうか…(笑)。



トニーもしっかり者の犬でかわいいです。

大抵は、

トニー「……

と、無言・無表情でいるだけなんですが。
犬だからって安易に「ワンワン」とか言わせないだけで
こんなに賢く見えるのですね。

何も喋らないと良い奴に見えるってのは、
あれか、ロディ(WA1主人公)効果か。


**********************

ゲーム部分も良い出来です。
シリーズ初のSRPGということで
正直そんなに期待してなかったのですが、
わりと楽しい。

局面に沿ったクラスチェンジをするのが
前提で組まれていて、面白いです。


ジャンル違うので単純比較はできないですが、
キャラなど含めて
個人的好みだけで言えば5thより良い。
暑いのはいけないと思います
暑い。


「先立つ不幸をお許しください。
 だって、暑かったんです」
と遺書を書いて死んでしまいたい気分です。

*******************


PC前に居座るのは
何の苦行なのかと悩むような状態になるので、
あまり長時間居られません。
黙ってても汗がしたたるような状態なのです。


温度を抜きにしても何かと使い辛いので、
机動かしたりして模様替えするかなあ。
重労働になるので、
夏の暑い間は間違ってもそんなことしないですが。


*******************

と言いますか、根本的にもう、
こんなところで夏を越したくない…。

イスケンデルベイ
http://www.wild-arms.net/XF/story_keyitem.html

XFのキーアイテムらしきクラリッサの剣と銃。
銘はイスケンデルベイとシュトラルゲヴェイア。

イスケンデルベイは聞いた銘だけど、元ネタなんだっけ。
というわけでググってみる。

オウガしか出てこねえ!(笑)
というか、わたしが知っているのもオウガで知ってるだけでした。
えへへ。


原典を知りたかったので、
もうちょっと色々検索してみる。


Iskender Beyでイスケンデル・ベイ。
人名です。
スカンデルベクというアルバニアの民族的英雄で、
この英雄が持っていたと伝説の剣ということですね。

イスケンデル(スカンデル)は、
ギリシア語読みするとアレクサンダーとのこと。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%82%AB%E3%83%B3%E3%83%87%E3%83%AB%E3%83%99%E3%82%AF


アルバニアの国旗は、彼に因んだ双等の鷲の旗。
なので、
この鷲を指してイスケンデルベイとも言うらしい。

赤地に黒で双頭の鷲の紋章って、
すごいかっこいいです、アルバニア国旗。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%83%90%E3%83%8B%E3%82%A2


とはいえ、
アルバニアはコソボがすぐとなりですからね。
その赤が血の赤に見えて全く笑えない状況です。
(アルバニア人なので、コソボの国旗も同じものの模様。
 http://www.geocities.co.jp/SilkRoad-Lake/2917/syometsu/kosovo.html)

まあ、わたしのコソボ知識って、
エリュシオンで仕入れた程度の知識なのですけども。
(エリュシオン→
 ヒロインのひとりがコソボ自治州出身のアルバニア系住民という
 大変アクロバットなギャルゲー)

********************


あ、シュトラルゲヴェイアについては元ネタわからずじまい。
本気の嘘
XF、ファーストコンタクト。



「…住所不定、無職。
 34歳、女性ッ!」

「--失礼ねッ!
 そりゃ、この稼業は住所不定、無職だし、
 あたしも人並みに苦労してきたかもだけどッ!
 いくらなんでも、まだ17歳よ?
 34歳だなんてどうかと思うわッ!!」


これとか、
いきなり犬に押し倒されたりとか、
序盤からイイ感じです(笑)。
今回、こんな感じで導入部分は好きだなー。

********************

2D立ち絵はやや微妙。
でも、雑誌やサイトでスクリーンショット見た時は
もっとダメに感じたけど、
実物見るとそこまでひどくはない…かな。


*******************

「身分を隠しているが、実は王女」展開かと思ったら、
「瓜二つだが実は王女になりすました別人」展開なのかな。
ああ、だから「本気の嘘」なのだろうか。
あるいは?

*******************

OPソング「本気の嘘」は既に流れてくれましたが、
えっと1回きり?

なんで4thまでのように
ロード時にOP流してくれないんだろうなあ。
中断時のデモでさえ、復活を希望しているわたしです。
(2nd、3rdには
 セーブしてゲーム終了する際に
 TVアニメのEDのように短いデモが入った)

*******************

OPムービーは
キャラ紹介の全身図や
ゲーム中のイベント絵を適当に合わせて
作った感じ。

まあ、2ndや3rdのような
神アニメが戻ってはこないことは既にわかっておりましたので、
さほどショックはありません。

むしろ、有りものを適当に合わせたにしては
けっこう良い出来のOPだと思います。

「本気の嘘」は無論、大好きです。

******************


名前がわかるまでは、
ラブライナの表記が「胡乱な婦人」…。
胡乱な婦人って、あぁた。

予想通り、ぼくの好きそうな34歳です。
XF

「XF」買ってきました。
これからやります、まだやってません。


「人は、恥を忘れた瞬間から
 人であることさえ忘れる生き物。
 慎みなさい、エルララグ。
 今のあなたは獣にも劣る」

ほらほら、金子節が帰ってきましたよ!

今回はなるけソングも帰ってきています。
それだけでも楽しみ。
(作曲はなるけさんじゃないですが)


*******************

汎用クラスが、独特で面白いですね。
ガジェッティアとか、フェダーインとか、
ナイトレイダーとか、
聞きなれないクラス名がぼくの厨魂を揺さぶる。

*******************

3rdのヴァージニア以来の女性主人公で
どんな話の展開になるか期待。
しかも、王女様含め
主要女性キャラが3人いるみたい?
(パッケージの3人)

*******************

声優さんが知らん人ばかり。
新人さんが多いのでしょうか。

売れ線使っておけばいいや、
という感じのキャスティングよりは好感が持てます。

とはいえ、
デモムービーで聞いた限りだと
ちょっと微妙かもしれない。


(あー、でも
 グリムグリモアも知らん人ばかりだったけど
 けっこう良い演技してたなあ)

消えてた
うお、掲示板なくなってる。

絶賛放置だった、わがサイトの掲示板です。

当面新調もしない予定。
(掲示板でしかコンタクト取れない、という人もいないし)

すっかりミクシメインになっちゃったなー。
アイドレス終わった分の時間が空くだろうし、
少しは日記やサイトを整えようかなあと思ったりもする。
と言いつつ、ミクシですら思うように更新できてないので、
まあ無理するのもバカらしいし、
このままの見通し強し。

FATE
「オーディンスフィア」、
ようやくベルベット編まで来ました。

というかベルベットがやたらエロい…。
格好やアクションもエロいが、
お爺様にあたるバレンタイン王に逆らえないとか
微妙に設定もやらしいよ!


まあ、それはさておき。
ベルベットはまだ途中までですが、
一応5人揃ったので物語の時間軸もだいぶ整理がついてきました。

主人公視点以外で、実験的に2つほど別の軸で流れをまとめてみます。
自分用メモです。

当然ネタバレになるので注意。


[FATE]の続きを読む
今夜は猫鍋
るしにゃんやちゃきさんが持ってきた。

http://jp.youtube.com/watch?v=QVSGRwqgvl0


ぐつぐつぐつぐつ。
おつかれさまでした
例によっていつの間にやら、
ぼくの知らないうちにアイドレス終わってたらしい。

みなさまおつかれさまでした。
本当に…(涙)。
護民官
「だが彼は、どんなにこれを繰り返そうと、夏への扉を探すのを、決して諦めようとはしなかった。」


なんとなく呼ばれた気がしたので
「夏への扉」再読中。

ナーオウ。
copyright © 2005 もう手遅れでした all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。