もう手遅れでした
わたしのとりとめもない雑記が 書き連ねられます。 読者への配慮とかはないです、と予め宣言。        (でもツッコミはご自由に)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.hack//カイトの棺
Rootsの話をアニメにするかゲームにするかとか
どうでもいい部分で分類に困るので、
「.hack」カテゴリを作ってみました。

昔の記事のカテゴリも気が向いたら修正するかもしれませんが、
面倒くさいので多分やらないと思います。






電プレに少しvol.2の情報出てた。


真ん中には棺らしきものに納まったカイト、
両脇にはオルカとバルムンク。
三蒼騎士などと呼称されるようです。

うむ!カイトいた!!
やっぱり愛しのトライエッジ様は不滅ですよ!
vol.1のラスボスで終わりなんて悲しすぎなので、
とりあえず一安心です。
棺に納まっているところを見ると、
今回は1回休みっぽいけどね。
療養中?

*********************

今まで出てきた形跡がないことも踏まえれば、
傷ついたトライエッジの代理を務めるためか、
そのトライエッジを守護するためか、
あるいはその両方を理由に
オルカとバルムンクは新たに顕現したのかな。

バルムンクは置いといて、注目はオルカですよ!
前作では結局最初と最後にしか出番なくて、
昏倒しっぱなしだった
ヤスヒコくんのPCですよ!
今までのパッとしない印象を吹き飛ばすかのように、
ツギハギverでは大暴れです!(笑)
良かったなあ、オルカ…今回は見せ場ありそうだぜ!


紹介されているイベントシーンでは、
オルカとバルムンクでなぜかAIDAを葬っている様子。
やはりトライエッジたちは
AIDAの味方というわけでもないのか。

*********************

天狼。

正直、榊も天狼も二流悪役のイメージしかないんですが
(榊は色々秘密を抱えてそうだけどね)、
天狼くん、今回はがんばっちゃうみたいです。

なんか暴走気味なのは、
AIDAにでも取り憑かれたのだろうと思われますが…
なんとアリーナでバルムンクとオルカを率いて戦っています。

なんでオルカたちが天狼の味方をするんでしょうねー?

スポンサーサイト
オーシャンズ11
なんとなく観たので、書く。

特に強く引っかかるものがあった映画なわけでもなく、
最近これしか映画観てないってわけでもないが、
本当になんとなくである。

観た理由も、
TV前に座ったまま
そこから立ち上がる気力が無かったとか、
そんな理由だし(笑)。


まー、一応ネタバレ注意。


[オーシャンズ11]の続きを読む
青の章リプレイ第4回
田島入院中。

****************

前回書き忘れたが、食糧難である。
部隊の食糧が不足している。
食糧が足りないと日付が変わっても
体力・気力の回復が悪い。
けっこうピンチな状況である。

一度陳情してジャガイモを仕入れたが、
またすぐに尽きてしまった。

たまたま喫茶店で米俵を見つけたので、
それをくすねて補充。
今はそれでもっているようだが、
また尽きたらどうするべー。

****************

都先生からの信頼が相変わらずマイナス。

「先生、今度遊びに行きましょう」

などと誘っても当然断ら……あれ?OK?

何度か誘っていたら、なぜかOK出ました。



翌日。

サンドイッチを作り(日課)、
いざ待ち合わせ場所へ。
しかし、そこに待っていたのは
都先生ではなくなぜか田上さん。

しかもたまたま居合わせたのではなく、
明らかにこっちに向かってきている。
何度かかわすも、執拗に追撃を続ける田上(笑)。

まー、まだ待ち合わせまで時間もあるし、
用件くらいは聞いてやろう。
どうしたんだい、田上。



「一緒に訓練しましょう」



いや、無理。
これからデートだから。
ここは曖昧に断っておこう。
じゃあね~。

さて、都先生はまだ来な…

「一緒に訓練しましょう」

うわ。田上さんまだいたの?
しないってば。
これからデートなのー。

今度ははっきりと断ってあげる。


だが田上もあきらめない!
三度話しかけてくる。

「一緒に勉強しましょう」



う、うぜえええ!!!
懐くんじゃねえよ、コノヤロウ!
わたしが、
メガネッ娘相手なら
いつでもなびくとでも思っているのか!


狭い街路で追っかけてくる田上を、
かわし続ける石塚(わたし)。
そんな日曜の朝の風景。



……で、都先生はまだ来ないの?
約束の時間はだいぶ過ぎたけど…

疑問に思っていると、出てくるテロップ。
【都先生に約束をすっぽかされた!】



ゴーーーーン。


まあ……信頼度低いしな…軽く見られてるんだな…はぁ。



テコテコと寄ってくる。
「一緒に勉強しましょう!」

…あー。
……うん。じゃあ、そうしようか…。


そんな感じで、
田上と訓練&勉強に明け暮れる日曜でした。


ちなみに。
田上に懐かれてはいるものの、
田上からの愛情値はゼロからピクリとも動いてません。
懐いていても、恋愛感情は全くないようです。

いやまあ、いいけどね…。

*********************

どうも描写を見ていると、
シマシマは特定個体を指しているわけではないらしい。
たくさんいるみたい。

いや、たくさんいるのは知ってるけど、
こうして対面できるシマシマは
同一個体かと思ってた。

同一個体じゃないとしたら、
なんで感情値は統一されているのだ。
群体で一つの意思をなしているのか、
ただのゲーム的都合なのか。

*********************

朝のHR。
「天体観測するから
 お金出してくれない?」
と打診したら、
なぜか首相から返事が来たそうです。

え、なんで?(笑)

つーか、首相?
ここって、大統領制じゃなかったっけ。
どっちもいるの?よく知らんけど。
神の石剣
「戦う司書と神の石剣」
http://www.mangaoh.co.jp/topic/tatakau_shisyo.php

武装司書シリーズ、刊行早いなあ…
まー、近頃のライトノベルは早いの多いけどさ。

というわけで新刊出てます&買いました。
なんと荒木飛呂彦が
帯に力強い推薦文を書いてくれています。
うーん、すばらしい。



本の感想とかも書けてませんが、
ちびちび読んでおります。

「夜鳥子」ほんとに面白かった。

今、積み本タワーの中から「七姫物語」の2巻読んでる。
やっぱ雰囲気は抜群にいいなあ、七姫。
.hack//痛みの森
.hackネタバレ。
[.hack//痛みの森]の続きを読む
ミクシめー
http://www006.upp.so-net.ne.jp/rindou/2006.07.html#27

あー。
「ミクシなんて嫌いだい」と言っていたわたしとしては
(前まで自分のミクシトップにはそう書いてあったんだよ)、
同感だなあ。

まー、ネットの知り合いが
ほとんどミクシにいるようになったので、
わたしもなし崩しにミクシメインになってはいます。

確かにミクシで統一された方が
チェックしたりコメントつけたりするのが楽だってのは
あるんだけどねえ。
怒られる
松屋は本当に潰れたんだろうか。
あの日だけ休業だったんじゃなかろうか。
いや、もしかしてそもそもあれは夢だったんじゃなかろうか。

しかし、確かめに行くのも面倒なので、今日は職場敷地内の食堂で昼食とする。






食後。

トレイを片付けに行く。

スプーン・フォーク類や燃えるゴミ(紙)は専用の場所があるので、そこにポイポイする。

皿に紙がくっついていたので、カンカンと皿をぶつけて落とす。

すると、食堂のおばさんがこっちに向かってなにか言っている。
よく聞き取れなかったので聞き返す。

「はい?」

ツカツカと寄ってくるおばさん。怖い。

「残しものはそこに捨てなくて結構ですよ!
 紙ゴミとスプーンだけ分けてくれれば良いんです!」

そう言って、勝手にわたしのトレイを処分していく。怖い。




………?


あー。
皿を打ちつけていたから、食べ残しを捨てていると思われたのか…。
綺麗に食べたから、もともと皿に食べ残しは載ってないんだが。

ことさら反駁するのも馬鹿馬鹿しいが、ちょっと切ない。

くすん。
生きていくのって、つらいね…(笑)
さいれんとおでっせい
サイレントオデッセイがTVで放映。

と言っても、GPOゲーム内で。

1回目を見る(2回目は見られなかった)。
んー。
これ、もしかして内容そのままの、
サーガで解説されているサイレントオデッセイ?


あ、サイレントオデッセイって
サーガ特典ROMに入っているんだっけ?
今度確認してみるかなー。



で、シーパレもそうですけど、
まずは読めるだけで嬉しいです。
それは確かにそうなんですが…。

なくても良いおまけとはいえ、
ちょっとお粗末だなあとも感じます。

だって、絵も演出もなく、
ただ黒背景に文章垂れ流されるだけなんだよー?
どっかのファンサイトか攻略サイトで
(便宜上だろうけど)
「サウンドノベル」と呼び表していたけど、
さすがにそう呼ぶのはおこがましい。

いや、立派に演出も入った形にしてほしいわけでなくてさ、
どうせただのテキストデータなら、
図書資料とかで
どっかに置いといてくれればいいのに。
TV放映だと読み返すこともできない。


時間指定とかで読みにくくすることで、
ユーザー同士の情報交換で
補完されることを想定してるのかなあ。
きゃくほん2

ホスト部、面白いよとは風の噂に聞いておりましたが。
http://www.ntv.co.jp/host/


榎戸さんが脚本書いてるのかー!!
いかん~、観ておくべきだった…。
今からでも観ようかしら、
でも半分以上終わってるよなあ。

榎戸洋司:
http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B1%DD%B8%CD%CD%CE%BB%CA
きゃくほん
WA5。
http://www.wild-arms.net/wa5.html

今回は(も?)キャラデザとか色々変えてきているんですが、
わたしとしては一番大きな変化じゃないかと思うのは
脚本が金子さんじゃないことです。

決して上手くはないが(失礼)、
味のある金子節に惚れてこそ、あの金子魂こそが、
今までのワイルドアームズだったわけですよッ!

まあしかし、決まっているものは仕方ない。
で、今回ストーリー原案を作るのは
「黒崎 薫」という方らしい。

どんな人?と思ったら。

http://www.remus.dti.ne.jp/~kurosaki/

「武装錬金」5巻までに
ストーリー面で協力しているそうな。

ほほー、武装錬金ねぇ。
どんなストーリーがやってくるのか、ちょっと楽しみ。


どっちかにしてください
アリプロのアルバム買いに行く。
http://www.jvcmusic.co.jp/aliproject/index.html

限定版はDVD付き。
これはよくある話なので、別に良い。

だが、通常版には
通常版のみのボーナストラックがあるのだ。


な ん の イ ヤ ガ ラ セ か 。



両方買えってことか、コノヤロウ。
そんな無駄金ないよ!

どっち買おうかなー、と思いつつ店へ。


丁度店内にそのボーナストラック、
亡國覚醒カタルシスの別verが流れている。

あ、いい…。
これ良いよ、奥さん。


これも運命かと思い、通常版を購入ー!
限定版より安いしな!

限定版のDVDも、
あの妖しげなプロモ入っているかと思うと
逃すのは惜しいのだが、
とりあえず仕方あるまい。

しかし、最初の曲はWishか。
Wish懐かしいなあ…。
(昔、ラジオ聞いてた)






<追記>

うあー。
Wishも懐かしいが、
ピアニィ・ピンクがむちゃくちゃ懐かしい…
昔はこんな曲も歌ってたんだなあ。

不可思議
ミクシのほうで。

なんだか昨夜から見知らぬあしあとがたくさんついている。
え、ごめん、わたしまた何かやっちゃった?

いえ、イチゲンさんお断りじゃあないので、見知らぬ人もじゃんじゃん来てくれて良いんですけどね(見知らぬ人が来て楽しめるものは余り用意できてないとは思うけど)。

普段はそんなに知らないあしあとはないので、なにかあったのかなあと。






携帯に謎の留守電。

「今いたら行こうと思ってたんだけど。
 お留守のようなので
ガチャ、ピーー。メッセージは以上です。


え、誰?

怖い怖い。
昨日遅くまでモッコスFLASHを見ていたのが良くなかったか…。
http://sacrificeman.hp.infoseek.co.jp/flalist.html
青の章リプレイ第3回
前回ボコられたので、
小野真義ことマギー入院中。

隊長の責任なので、見舞いに行く。
はげますと、信頼+20など上昇。
お、これオイシイな。

翌日またお見舞いに。
って、またはげましたら今度はマイナスに。
うむー、あまり何度も見舞いに来られるのも
プレッシャーなのか。

******************

相変わらず、
戦闘なんかこの島では起きていないかのような言い回しで
大迫先生の授業は続く。

うーん…。

******************

体力・気力ともにようやく130越え。
ぜぇはぁ。

ぼちぼち他の部分の訓練にも、
時間割いていくかねぇ。


……と。
大塚や田島を見ると
体力170とか200とか到達している。
おお?
なんでそんな上がってるんだ。
うー、わたしの訓練って効率悪いんだろうか。

*****************

都先生と仲良くしようとするのだが、
いまいち相手にされていない。
信頼がマイナスのまま上がらないよー。


*****************

修学旅行ー。
って、行き先はあそこなのか!
ちょっと笑った。

都先生がチラと気になることをおっしゃってましたが…。

*****************

修学旅行も終わり、
変わり映えのしない日々が続いてゆく。

そんなある日のHR。
いつもの大迫先生から、
国がこの島を放棄する決定を下したことを伝えられる。

補給線を絶たれたら島なんて守りようがないので、
とっとと住民は避難させようという話である。

8月末でここも廃校になるとのこと。

意気消沈するクラスの面々。
いや、永野だけは、
「うむうむ、正しい判断だ」と嬉しそう。

*****************

久しぶりの戦闘召集。

友軍の撤退を助けろという作戦。


今回は航空兵の大塚くんが、ヘリで参戦だ!
これで華麗に迎撃するのだ。
(その代わり、わたし石塚は今回は車には乗ってない)

友軍発見、その脇に敵軍も発見ー。
さあ、今だ、大塚よ!
ヘリで迎撃するのだ!!


「大塚、使用武器壊れました!」





……え?




ヘリ、役に立てず。





使い物にならないので
大塚はテキトーに後ろに下げて待機させる。
他の4人でなんとか応戦。

それにしても、なんか武器破損が多くないか?
前も田島の銃が壊れたしなあ。
予備の武器も携行させるべきなんだろか。
だが予算値もギリギリなんだがなあ。

と、4人でプチプチとコボルトと戦ってたら、
またミノタウロスさんが数匹顔を出す。



だーかーらー、無理だってば!
戦車も何もなしで正面から戦えるかっての。
上手けりゃそれもできるのかもしれないが、
少なくともわたしには無理。



はいみんなー。下がって、下がってー。
今回は友軍さえ逃がせばいいのよー。
無理に敵の相手しなくていいから、
早く下がってー。


…は、早く下がれよぅ!
部下の何人かの体力ゲージが削られていく。

みずほー!
早く下がれってば!
きみ、狙撃兵のくせに、
そんな至近距離でミノタウロスの正面に立たないで!


いかん、これはいかん…。
そして案の定、田島くんが敵の攻撃に耐え切れず昏倒。

ギャー!
とわたしが叫んだところで
友軍の撤退が完了。
作戦は一応成功を収めた。


うーん、今回は事なきを得たものの、
こりゃあ戦闘もう少し勉強しないとマズいかなあ。
なんかわたし、
白の時もそんなこと言ってた気がするけど。




しかし何故か、一番危険な位置にいたみずほは無傷。
なにこのラッキーガール。
「異性といっしょに道を歩くときは車道側にいく心つかいが出来なければモテない」みたいな話って、根本的には「言われなくても空気読めるのが良い事だ」という偏った価値観のおしつけじゃね?
【「異性といっしょに道を歩くときは車道側にいく心つかいが出来なければモテない」みたいな話って、根本的には「言われなくても空気読めるのが良い事だ」という偏った価値観のおしつけじゃね?】

http://d.hatena.ne.jp/otsune/20060724

http://blog.lv99.com/?eid=529272


んー。
そーゆー最大公約数的なモテるモテないって、
そもそもが偏った価値観のおしつけの中での話じゃないの?
「言われなくても空気読めるのが良い事だ」
ってのが一般的な規範で、
それに沿うような行動が求められる。
…んなの当たり前じゃないか?

それが実際正しいかどうかなんて、
ハナから二の次な気がする。

え、こんなだからモテないの?ああ、そう。

【そもそも、なんで無目的にモテたいのだろう、いいじゃん、モテなくても。】
擬人化と萌えと
ac955c67.jpg


「いままでつかえないこで、・ごめんなさい..
 そして、つかってくれて、ありがとおゴザいました」


Me……!!!






「日本人は、ロボットに人間性を求める。」
http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/730309.html

まー、擬人化が好きですよね、日本人は。
他の国を良く知らないので、
それほど日本人の特化した考え方なのかどうかは
わたしにはわかりませんが、
八百万の神々ですし、日本の特性なのかねえ。


こんな見方もありますね。
http://www2u.biglobe.ne.jp/~siren/sub/es02.htm
青の章リプレイ第2回
結局、里美は出てこない。
里美主人公でやってもいいのだけど、
とりあえず無難に石塚で始めることにしました。




オープニング、
いつもの、幻獣が出現してからの歴史はないんだね。
あれは白だけなのか。
まあ、毎回同じ話聞かされても困るが、
みなが白からやるわけでもなかろうに。


と思いきや、
担任の大迫先生には
いつもと同じよーな初期説明を聞かされる。


チュートリアルというか、
事前説明が半端だなあ。

白の時も思ったが、
体力・気力の訓練場所くらいは
あらかじめ教えてくれても良さそうなものだ。
まー、教えると「訓練しなきゃダメなんだ」と
思われるからかなぁ。

戦闘についても
もうちょいレクチャーして欲しいんですが。
ええ、わたしは未だに
GPOの戦闘はよく把握できてません。




クラスメイトにして小隊の部下になった8人はこちら。
(名前確認のためにサイト見ようとしたら、
 青の章のキャラ紹介、未だに途中までしかないのね。
 なんてやる気のない…)

(前線)
・蔵野みずほ
・大塚浩二
・小野真義
・田島順一

(整備)
・田上由加里
・辻野友美
・中山千恵
・永野英太郎




・蔵野みずほ
夜道で「望遠鏡には近づくな」と
しょっぱなから脅しをかけてくる子。
恐い…きっと坂上みたいに、
秘密を知りすぎた奴は抹殺して回ってるんだわ。

・大塚浩二
額に傷跡の、愛と誠な大塚くん。
イケメンだが、口ベタなようだ。
最初から仲が良く、
よく一緒に昼飯食べたり訓練したりしている。
良い奴。親友。

・小野真義
かわいい系ショタ。

学校あるのに朝一で部屋に迎えに来て、
わたしを山へ連行。
しかも免許なしで、バイクで突っ走って。
でも、バイクの名前がソーイチロー号だ。
この子はバカに違いない。

そうして、
天へそびえる巨大な搭、
レーザー望遠鏡たんぽぽの姿を見せてくれた。
これを見せるためだったんだね、マギー。
ありがとう。

って思ったら、
「こうして、また一緒に出かけたいですね…」
などと言いつつ、
日曜日もデートに誘ってくるマギー。
えー!
目的はやっぱり望遠鏡じゃなくてわたしなのか!?


・田島順一
こいつもイケメンだなあ。
大塚ほどではないが、それなりに仲良くやっています。

・田上由加里
話しかけると「用もないのに話しかけるな」と怒られる。
かと思いきや、向こうからよく話しかけてきたりもする。
メガネッ子。

・辻野友美
元気。

・中山千恵
まだ話してないな。

・永野英太郎
一人だけ夏服を着ない、暑苦しい奴。
現在、なぜか険悪な仲になっている。
つーか、お前偉そうなこと言うなら前線出ろよ!
なんでマギーが突撃兵やってるのに、
永野が裏方やっているのだ。




大迫先生はHRで
「どうせこんなところに幻獣出ないからー。
 銃を撃ったこともない奴ばかりだ」
とか言っていたのに、
唐突に幻獣出現の報。

や、出なかったらゲームにならないので、
幻獣が出てくるのはもちろん良いのですが。

その後、先生からもクラスメイトからも、
幻獣が出現したことについて何のコメントもない。
えー、えー、想定外の初実戦だったんじゃないの?
お前ら、何の感慨も屈託も葛藤もないの?

ぼ、ぼくだけかつがれていたのか…?
本当はこいつら、幻獣が来ることも知ってたし、
実戦も経験済なんじゃないか…?




テキトーにコボルトやヒトウバン蹴散らして、
敵勢力減退。
そろそろ撤退するだろう。
仕上げにかかるかなー、と思ったら
前方にはミノタウロスが。
おー、倒せるかな?
車両乗ってるのは自分だけだし、
あんまり正面からは行きたくないなあ。
逃がすのも惜しいので、
とりあえず戦ってみるか。


…と、弾がない。
弾切れだよー、補給車カモーン。


その間にミノとの距離が詰まる、
周囲にはいつの間にか他にも敵幻獣がウロウロ。


あれー、なんかマズいんじゃない?
補給早くしてー
…って、あれ?全然補給車が来ない。



…なんか、林に引っかかってマス、補給車。



なにやってんのー!?
仕方ないので部隊ごと後退させつつ、
隊長機をなんとか補給車の方へ。

って、林が邪魔で行けない。
な、なぜ!?
じゃあその補給車はどうやってそこに入ったんだよ!?

どこかから回り込んで入るのだろうか。
道を探してウロウロ。
そんなことをしている間に、
後ろではマギーが幻獣に囲まれてボコボコにされている。
死ぬなマギー!またデートするんだろう!

むむぅ、戦闘中に車両から降りれないのかなあ。
弾切れ起こしてどうしようもないなら、
降りて戦った方がまだ良いのだが。

と、降車できないか操作を試している間に、
なんとか敵のほうが撤退を開始。
正直、
あのままやっていれば幻獣のほうが勝ったと思う。
命拾いした…。
とりあえずは、マギーも死なずに済んだ。
げつようび
なんだか最近、月曜は常に具合の悪いわたしでしてよ。

見たり読んだりしたものの感想とか、バトンとか、
溜まってるのぅ。

というか、積み本などが一向に減らない方が
よほど困る事態です。

まー、ぼちぼちやっていきます。
ふと目にとまる
>王都アーウィン

…あーうぃん?
ぼくがいつも岩につぶされて死ぬのも、
アーヴィンだかアーウィンだかじゃなかったっけ。
関係あるのかしら。
あら
昼食に出たら。
職場近くの松屋が、唐突に閉店している…。
何故…?
………
徒歩移動中。

後ろから自転車のベル音。
道を開けると、
「すいませ~ん」
と走り抜けていくチャリンコ主婦。
自転車の後ろには幼児が座っている。

後ろを振り向いたその幼児と、なんとなく目が合った。

当然自転車の方が早いので、少しずつ遠ざかっていく。
何を思ったか、幼児はおもむろに握りこぶしを突き出す。

「?」
キョトンとするわたし。



そして、幼児は。

こぶしの親指を立て、




それを下に向けた。







………。
…………。

………こ、このクソガキ……ッ!!
GPO青の章リプレイ-1
自分が里美でもしょうがないし、誰でやるかなあ。

里美のキャラ紹介に
「小野真義の保護者を自認」とかあったので、
小野真義を選択。

始めてみる。

里美、クラスにいない模様。


やり直す!




その後、数人主人公を入れ替えてみるも、
里美は出現せず。

うーん。2周目以降は指定できるんだろうけど、
1周するかどうかも未定だからなあ。
まあ、仕方ない。
里美さんと遊ぶのは2周目以降にしましょう。

無難に石塚主人公で行くかなー。


というわけでプレイ開始は次回から。
どこに行ったのか
GPOに出張してきているマーチキャラ。
そもそもおまいらが
「わたしの知っている」おまいらなのかも
確証がないという、
感情移入も半端な状態ではありますが、
とりあえず信じよう。

で。


[どこに行ったのか]の続きを読む
はうる
ベタに「ハウルの動く城」を観てた。
あのお城欲しいな。


話は、まあ、ぼちぼち。
ジブリ的なものとぼくって相容れないんだよ、そもそも。



以下ネタバレ?

ネタバレらしいネタバレもないが、
まあ一応警告をしておきます。












はい。


しかし駿さんはいまや国民作家化しているとゆーのに、
その割には世論とこの映画って乖離してないか?


ハウルは今までの状態を「逃げていた」とし、
今は守るべきものが出来たから、
そのために戦おうとする。

だが、この話は(わたしがそう見たってだけだが)、
それをそう肯定的には位置づけてないというか、
少なくともソコを到達点にはしてないよね。


それがちゃんと理解されてますかしらん。





「この馬鹿げた戦争を止めましょう」

おい、止められるならば最初から止めろよ!
と突っ込んだのはわたしだけですか。

え、王子が帰ってきたからってこと?
それとも最初から茶番ってこと?
まー、(特に作中で戦争の理由とか語られないし)
そこが焦点じゃないってことなんでしょうけども。
例の青いやつ
青の章を買ってきた。

限定版が無駄にデカくて邪(ry
この価格は(ry

とお約束を述べつつ、青もまた積まれるのだった。

いや、待て。
今回はタイミングが良く、ちょうど今はやっているゲームがないのです。なのでちょっとやる気あります。

3部作の最後で、お祭り的位置づけらしいから…ではなく。
かつて聞いた喜界島のガンパレードだからでも、黒い月の観測が楽しみだからでもなく。
まして、別に今更儀式魔術について行きたいからでもなく。


ほらほら。古関里美がおりますので。

SSでまたキャラを覆される前に、ちょっと会っておきたいわけなのです。思い出が必要なのです。
田上ともね!

今回は一周くらいできると良いなあ…などと言いつつ未だ未開封なのでした。





で。ここまで書いた後、コードネーム明けの明星より報告が入ってきた。

水着に着替えられるんだ。へえ~。なるほど、島だし、祭だしね。それは良いね。
萌や壬生屋の転属しとけばもっと喜べたんだろうなあ。


マーチキャラだけでも編成できる?ふーん。
…オケキャラも可愛がってあげなよ、みんな。
まあどうせわたし誰も転属させられないし、あんまり関係ないや。
狩谷も田辺もいねえし。



え?


青の出張キャラに森と茜が……?
来るの?…へえ、来るんだ。

(マジデスカ?
 マジデスカ!)



青の章って楽しそうだよね!(ニコニコ)
やろうやろう!
とりあえずハコ開けてディスクを取り出し、PSにセット。起動させてOPムービー見るまでは辿り着いたお!(大進歩だ!)
OP曲って章ごとに違ったんだね…今回は栗林なんだ。わりと良い。

とりあえず報告ありがとう~。おかげで起動までは辿り着けました。
3戦目決着
http://www.juna.net/game/wolf/room/1443/index.html

今回も役立ってません。

というか、今までで一番ダメじゃなかろうか…。
や、後半はもう、どうしようもなかったんだけども。
きんきょー
風呂入って着替えて、財布等も持って。

さあ、出かけるぞ!

と部屋を出かけた段階で唐突にやる気が減退。
メンドクセ、今日はやっぱり出かけるのやめよっと。

そんな生粋の引きこもり気質なかすかです。
みなさんいかがお過ごしでしょうか。わたしは元気です。
夢の終わり
「歌月十夜」全部終わらせたにょー。

以下ネタバレ含む。
[夢の終わり]の続きを読む
永遠のフローズンチョコレート
扇智史「永遠のフローズンチョコレート」


不死の少女と、殺人者の少女とその恋人。
彼女らが織り成す、あるいは織り成さない。
そんな話。

以下ネタバレ。
[永遠のフローズンチョコレート]の続きを読む
東京トイボックス
「東京トイボックス」

まんが。
ん、面白かった。

って2巻で終わりなのかー!!
まあ、そんなところかなー。
話的にはまとまっているし。

「誰かに手を引かれて世界を救うような勇者ならいらない」

うむ、すばらしい。

そんなことをのたまう、熱いゲーム屋のお話です。
可能性の剪定

で、昨今の時間犯罪者どもは
殺した人間600億じゃすまないと思うんですが…

「無名世界観は、平行宇宙の世界観じゃないって言ってるだろ」

そんな小理屈で納得するかよ。

いや、パラレルワールドじゃないからこそ、
どんどん上書きされていくのをむしろ問題にしてるのだけども。
むーん、みんなけっこう割り切れるのかなー。

そのくせ咲良とか虎雄とか、
目前の一人は必死で助けようとするでしょう。
確かに、それしかできないのなら、
それが最善なのかもしれないけどさー。
copyright © 2005 もう手遅れでした all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。