もう手遅れでした
わたしのとりとめもない雑記が 書き連ねられます。 読者への配慮とかはないです、と予め宣言。        (でもツッコミはご自由に)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
虚構に咲くユリ
積みゲーが多い。

やる気があるものだけ数え上げても
なんだか20本近い。

クラクラします。

当面はディスガイア2プレイ中とはいえ、
積みゲーにも着手し始めることにしました。


え?
GPO白?
うんまあ、緑の発売日を忘れてたわたしです。
(今日限定版買ってきましたけど。
 高いよ…値段確認しないで引き取りに行ったので
 ちょっと泣きそうです)

塵骸魔京?
これはさすがに新品でちゃんと買いたいので
予算に余裕ができてからです。

はりーさんのサキュ?
ええ、わたしがやるのが先か
続きが出るのが先か競争なのです。
フリゲのほうもやっておきたいですしね。

歌月十夜?
なんかフリーズしやがるし
曲出ないし、
わたしはこのゲームを今やってはいけないと
啓示を受けているみたいなんです。
(※その後、問題は解消されました)


で。
今まで挙げたものもやるつもりですが(本当です)、
まず手をつけたのは
「虚構に咲くユリ」なのでした。

[虚構に咲くユリ]の続きを読む
スポンサーサイト
復活の地3
3部作読了ー。

すんごい面白かった。
一気読みした本は久しぶりだなー。
まあそれでも数日かかってるんだけど(遅読)。

とってもしっかり作ってあります。
や、災害復興の実情なんか知らないから
「どこまで現実的な内容か」なんて判断のつけようもないけど、
少なくとも小説世界内のリアリティとしては
かなりしっかりしたものです。
巻末見るに資料調査もかなりやっているみたいですし、
現実の実状に照らし合わせても申し分ない内容なんじゃないかな。
ためにはなります。

その上キャラも立っている。
話も読ませる。
ああ、なんとすばらしいことか。


小川一水さんはすごいにゃー。
「導きの星」も積み本に埋まっているはずだから、
近々探し出してこっちも読まねば。
復活の地2
小川一水「復活の地2」読んでます。

うーん、面白い。

災害復興SF。
わりと重いというか
堅苦しい題材だと思うのだが、
わたしでも楽しく読めるくらいの
すばらしいリーダビリティ。
これって、読み物としてとても優れているんじゃなかろうか。



まあ、スミル萌えなわけですよ。

……って、結局そんな読み方かよ!
とか自己ツッコミしつつ読み進めてたら。
おや?

…スミル萌えは正しい読み方だったのか!
なんだこのロマンス展開(笑)。

続き気になるので3巻も買ってきてしまおう。(全3巻)
魔王ゼノン
ディスガイア2やっとこさクリアー。

ま、むしろここからが長い戦いの始まりになるのが
このゲームなんですが。


一応ストーリーネタバレ注意。
[魔王ゼノン]の続きを読む
あいおー
ディスガイア2が、
なんだかラ・ピュセルと同じ話の展開になってきました。

むしろまだ1周終わってないことに驚きですか。


さて、ディスガイア2にシフトする前に終わらせた
I/Oのラストについての感想です。
[あいおー]の続きを読む
月は好き
帰り道、ふと見上げると
空には満月。

なかなか綺麗でした。



わたしが言いたいことはそれだけです。

ぼくと魔女式アポカリプス

 ぼくとは全く関わりのないところで、全てが唐突に始まり、唐突に終わっている。物語も。生と死も。普通と特別も。気づいたときには遅すぎる。致命的に手遅れなことばかりだ。
 いくら推測したところで、いくら覚悟したところで、常に現実はそれらを容易く凌駕する。手遅れになって初めて気づける布石だけが置かれているのならば、現実はきっと悪意をもってぼくたちを憎んでいるのだろう。呪って、蔑んで、嫌悪しているのだろう。ぼくたちと同じに。
 全てが記されているが、致命的なまでに終わった後でなければ誰もその意味に気づけない--ならば、ぼくたちを囲み続けるその現実は、預言書のようなものだ。ぼくがぼくの視点からしかそれを語れない以上、全てが手遅れで唐突にしかなりえない。
 黙示録。
 ただそれだけが眼前に広がっている。

   (--水瀬葉月「ぼくと魔女式アポカリプス」)




そうか!
うちのタイトル「もう手遅れでした」は
アポカリプスを意味していたのね!!
[ぼくと魔女式アポカリプス]の続きを読む
画像とか載せてみるテスト
06-03-13_11-57.jpg


そんなわけで。
パソコンが来たので舞い上がっている幽です。

携帯のカメラなんで画像荒いですが。


が、

06-03-13_11-59.jpg



ちょっと脇に目をやると、


06-03-13_11-58.jpg


惨状が広がっています。

机の上を空けることには成功したものの、
その分周囲がガラクタの山と化しております。

06-03-13_12-00.jpg


この影響は部屋の入り口にまで及んでおり、
ドアが開けにくい。
体を横にして出入りしなくちゃいけなくなってたりしてな。
ははは。
ディスガイア2メモ その2
各クラスについててきとーに。

・アデル
今回の主人公は拳が得意武器です。
ええ、まあ、主人公らしくていいんじゃないですか

・ロザリー

「ツンデレじゃなくてただの高飛車キャラ」
とかどっかで言われていたが、
いや、それが良いんじゃないかね。

最初から銃使いがいるのはわりとお得。
が、いまいち使いずらい。
HPなんかも意外にある気はするのだが…。
回復魔法など覚えさせてはみたが、
やはり出番はいまいち。

・ティンク

アイテム界での移動に重宝。
というか、マムロン。

・タロー&ハナコ

魔物型に分類されちゃうかわいそうな連中。
が、タローがキャラに似合わずめっぽう強い。
アデル以上の反撃回数を誇る、
優れたタフネスを持つ戦士。
一方、ハナコは
隣接キャラをステータスアップさせる特殊を覚えるものの、
それだけ。
性格考えると能力は逆の方が合ってると思うのだが…
あえてこうしたのかなあ。

・雪丸

くの一という話だが、
能力的にはむしろ戦士。
前線で体張って戦えます。
だけど、彼女で
女侍がいない悲しみを拭うことはできないのでした。

・エトナ

魔神になって帰ってきたぼくらのヒロイン。
なんか露出度が上がったように思うのは、
衣装デザインが変わったせいではなく
アデルやロザリーがちゃんとした服を着てるからかな…。
や、ロザリーもけっこうアレだけども。

威力に欠けるプリニー落としや
困った攻撃範囲を持つセクシィービームも健在。
しかもクラス能力が「プリニーの強化」って…。
相変わらず特殊能力が微妙なエトナさんです!
でも地の力は優秀なので普通に戦えます。
がんばってレベル1000に戻すので
待っててください、エトナさん。

ファントムブレイブの時も気づきましたが、
彼女は翼を利用して浮力を作りホバリングっぽい動きが
できますね。
ディスガイア1では
絵でそれを確認する機会は無かった気がしますが、
わたしが見落としているだけかな。
あまつさえ2OPアニメでは飛んでらっしゃいます。
この能力を考えれば、
JMの値はもうちょい高い値に設定にしてあげても
良いと思うんですが…




以下、魔物キャラ


・ネコマタ

女の子型モンスターその1。
普通に強い。反撃で押し勝つタイプ。
ただ、普通に戦士や咎人育てた方が使い勝手は良いかも。

・エンプーサ

女の子型モンスターその2。
あなたの帰還をずっとお待ちしておりました、
当然作成済みです。

そして、こいつが相変わらずの使えなさ!
パラメータ的には悪くないはずなのだが、
特殊技の使い勝手がいまいち悪い。
やはりATK特化なのかINT特化なのかが
はっきりしないのがキレの悪さに繋がるのか。
つまりは前作同様です。

でも使うの。だって、かわいいから。

・アルラウネ

今回新登場の女の子型モンスターその3。
ホルルト村にいる奴は男だと言っているが、
まさかこの種族全部が男なわけではあるまい。
少なくともうちの子は女だ。絶対だ。
ま、人間じゃないので性別なんかどうでもいいけど。

植物さんなので大して期待してなかったのだが…
これが凄い。
最初に覚える特殊、グリーンニードル。
これの射程がかなり広い。
当たれば防御力もダウンさせ、打撃力も十分。
しかも2つ目の特殊は範囲回復を覚える。
この2点だけでもかなりイイ。
育てきれていない魔法使いよりも使えるほど。
さらには通常攻撃の射程が異例の2マス。
魔法耐性が高いという特性も持つ。

さすがに体力面ではさほど強靭ではないが、
貧弱というほどでもない。
通常の魔法使い系よりは高い気がする。

見た目を抜きにしても、
序盤で作成できるものとしては
即戦力となれる子である。
オススメ。
ディスガイア2メモ

ディスガイアについて徒然とメモなど。

全然進んでないけどな。
レベル低くてヘボいとか言うな!
ウン百レベル超えてパワーゲームになった後よりも、
今の弱い戦力でチマチマやっているうちが楽しかったりも
するものだろう!

1の頃だって、
わたしはATK3000のスリッパとか作って
遊んでた男です。
レジェンドのスリッパを用意して、
ATK屋を何人も用意してアイテム将軍他のボーナスで
本来ATKのないスリッパにATK値を与え、
100階まで潜って…
かなり面倒くさかったんだぞ!
しょーじき、3000なんてATKは
後半の武器としては全く使えないが。

そんなわけで、効率的な育成法とかは
冷やし中華でも見に行ってくださいね。

**********************

・レアアイテムが前作より出安くなってる。
 序盤からちらほら散見されるし、
 レアやレジェンドが出やすい宝箱もあるし。

・魔王の娘のくせにレベル1なロザリーに
 驚くアデルだが、
 あんたも魔王倒すとか言っといてレベル1だろうに。
 まあ最初からレベル高かったら
 ゲーム的にイヤだけどね。

・まじめに世界考察などしてもしょうがないのだが、
 この世界は
 惑星1つをひとつの世界とみなしている節がある
 (実際「ワールド」にはそういった意味もある)。
 辺境世界ヴェルダイムというのは、
 そういう星と認識されているような。
 PKの時の各魔界も1つ1つが星と見えなくはないし、
 そーいう考え方なのだろうか。

・今9話。お話にはさほど期待はしてないとはいえ。
 少年魔王が銀河艦隊を殲滅したり、
 天界に攻め込んで天使長ぶん殴ったりする前作の方が
 ハチャメチャで面白かったなあと思うのは、
 前作を美化しすぎですか。

・アクターレはけっこう好き。
 しかし。



 弱い。
 
 や、能力的にはそれなりのはずなのだが。
 中ボスなんかは
 どうせギャグキャラだと思って不用意に近づくと
 ビューティー系の技がけっこう強力で
 痛い目にあったりしたものだ。
 なのにアクターレは、
 近づいてもほとんど通常攻撃しかしてこない。
 タレントなので、まじめに戦う気がないのだろうか(笑)。
どうでもいいこと
うわあ。

元バイト先で××なことがあったらしい。
明記すると特定されかねないので、
書けないが。

というか、君らそんなバイト先早く辞めなさいよ(笑)


***********************

「Mixi教えろ」
とか言われる。

いや……、
ここを一般の方に見せるのはちょっと…
その、よろしくないと思いますのヨ。

わたしも誰かみたいに別アカウント作ろうかしら(笑)

ああ、そう、
複数HNを使い分けるのが
当たり前で常識であり、
それをしない方が変だとか言う人もいるし、うん。

************************

最近読んだ本とかI/Oとかの感想も書きたいが、
後日まとめて書きたいと思います。
うむ、快適
新PCになりまして、快適になりました。


え、その割にはあんまりネットいないじゃないかって?
や、ディスガイアやってるだけです。
ご心配なく。
まーたキャラ増やしすぎなわたし
(1系統ごとに1キャラ作ってる。
 さすがに魔物型は一部しかカバーしてないが)。
進まねえ、進まねえ。
数人選抜して、
集中して育てたほうが効率的なんだろうけどね。
でもいーの、楽しいから。
というか、殿下マダー?


さて、白いオーケストラはいつのまにか終わってて
(知ってたけどさ)、
謎方面はより一層、
状況把握が追いつかなくなっちゃったな。
ぼちぼちと拾っていこう。
まいぺーす!

歌月十夜を始め、
PCの積みゲーもかたづけていかないとね。
○○もあるし、××もやんなきゃだし、
ああ、△△もやっておきたいとこだ。
まいぺーす、まいぺーす。


で。
新しくなっちゃったから、
前の辞書とかお気に入りとかが無いのよね。
いや、移そうと思えば移せるみたいだけど。

フロッピーにデータ落としたら、
新PCはフロッピー読めなかった、とかそんな楽しい日々。
CD書き込みは旧ノートじゃできないしなあ。
あー、FTPを介する手もあるか。
よっと
ただいまー。

ようやくデスクトップパソコンを手中に収めることに成功。
おめでとうございます、ありがとうございます。

そしておやすみー。
copyright © 2005 もう手遅れでした all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。