もう手遅れでした
わたしのとりとめもない雑記が 書き連ねられます。 読者への配慮とかはないです、と予め宣言。        (でもツッコミはご自由に)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
忙しい
忙しくてあまりこっちに顔出していません。


…ファントムキングダムのレベル上げが忙しくて。


やー。ディスガイア2の情報とか眺めて
早くやりたいなーとか期待を膨らませていたのです。
で、とりあえずキングダムで間に合わせようと手を出したら、
またちょっとハマってしまったー。

前のプレイで十分に飽きてたから、
軽く触ってみて「やっぱいいや」となるかと思ったんですが。
(前にブレイブを再プレイした時はそうだった)




いやいや。
まあ単純比較として、無職の時よりは暇じゃないわけです。
うん。
歌月もやりますよ!(まだ言ってる)
スポンサーサイト
ドラゴンクォーター覚え書き
「ドラゴンクォーター」ネタバレ。
かつ、未プレイの人が見てもあまり意味のないものなので
そういう人は読まないこと。

[ドラゴンクォーター覚え書き]の続きを読む
スマーフ村が爆撃される
スマーフ村が爆撃される

うわあ。良い悪趣味さだぜぃ。
だが、効果的かもね。
少なくとも、個人的にはホワイトバンドより評価する。

大塚がよく話に出す、
手塚が習作のまんがの中で
ディズニー的な不死のキャラ
(スマーフというのも本来ここだろう)を描きつつ、
そこで血を流し傷つきあるいは死ぬ、
身体性というものを
キャラクターに与えてしまうという逸話を思い出した。
(「勝利の日まで」)




そんなわけで、
大塚英志
『「ジャパニメーション」はなぜ敗れるか』読了。

資料面で大澤が手伝っているせいか、
いつもより論拠がしっかりしてて良い気がする。


1点、瑣末な違和を唱えると、
野村総研が出したという
おたく市場の規模の試算を読んでいくくだりで
「ゲームの210億円のほとんどは
 完全にパソコンのギャルゲーのことでしょう」
って言ってるけど、や、んなことないだろ。

おたく市場、萌え市場とやらの最初の定義のされ方で
どういうものが選出されているかにもよるけど、
ギャルゲー限定にしたって
コンシューマのほうがまだ市場でかいんじゃないの?

なんかでデータ見た時に
PCのギャルゲー(エロゲー)と
コンシューマのギャルゲーの売り上げが
ゼロ一つくらいの差があったのを見た気がする。
それで、
「ああ、だからPCのギャルゲーを
 家庭用ゲーム機に落として売りたがるんだな」
と納得したような覚えがあるのだ。

ああ、本当に瑣末な点で、
PCエロゲーがよりニッチな市場だっていうことだから、
大塚の結論をむしろ後押しする要素だけど。

(前略)
そもそも報告書の数が示すように、
「国策」としての研究テーマに基づく報告書や提言には
予算がつくからだと思えます。
今は、「ニート対策」と書けば
湯水のごとく研究費が出るとうそぶく
教育学や社会学のアカデミシャンを
ぼくは実際に知ってますが、
「ジャパニメーション」も似たような状況だった、
ということがこのレポートの数量を見るとわかります



げらげら。
国は本当に愉快な金の使い方をしよる。

本書は
まんが/アニメーションにとっては
決してプラスになるとは思えない
「ジャパニメーション」をめぐる「国策」化の動きが、
いかに無効であり根拠を欠くものかを
第一部ではまんが/アニメ史の視点から、
第二部では
実際に「国策」として示されたものを検証することで
徹底して否定するものである。
この問題については、
関係者は一様に奥歯に物のはさまった言い方をするが、
一人ぐらい「国策」に文句を言う人間がいてもいいし、
それは性格の悪いぼくの役割だろうと思う。
題名は『「ジャパニメーション」はなぜ敗れるか』と
挑発的なものとしたが、
言うまでもなく「敗れる」のは
「国策」としてのジャパニメーションであり、
そういうばかげた幻想の持ち主たちには
さっさとこの場から立ち去ってもらうことが
まんが/アニメの将来にとって唯一、有益なことである、
とぼくは考える。


第一、国家に庇護されたら
サブカルチャーとして「敗け」であり、
そういう敗れ方だけは悪いけど拒否する。



ま、そりゃそうだ。
かすかと巨像(3)
ようやくクリアしましたですよ。

えっとですね、よじよじと登ったりして、
16体も巨像倒さないといけないのは、
正直飽きるし面倒です。

でも、ま、好きでしたよ。
値段分は楽しめたにゃー。

以下多分ネタバレ。
ICOネタバレも含まれると思うので注意だ。
[かすかと巨像(3)]の続きを読む
がんそーど
そんなわけで、ファサリナせくーすシーンですよ。
いまいち決心しきってないミハエルに対しての説得が、
なぜかせくーすですよ。




はやく復讐に行きたくて血気はやるヴァン。
結局ずっと成長しない人だ。
これはわざとそういう演出意図なんだと思うが、
うーむ。




やっぱりというかなんというか、
敵方の目的は半端な人類補完計画だったことが明かされる。
あんまり理解してない連中が多いながらも、
「なんだそりゃ」で一致するヴァン一行。

まー、そんな理想聞かされても
「なんだそりゃ」が普通のリアクションだと思うんですが、
なんでカギ爪の男はそんなことで
組織を作るまでに支持者を得られたのじゃろうか。

いや、仲間内でも目的はほとんど明かしてないようだったから、
掲げる理想が理由ではなく、
単に彼個人のおかしなカリスマ性という設定か。




ファサリナはなんだ、
色々おいしいはずなのにいまいち萌えない。
なぜだ。

あいつミハエルの説得に体を開くあたりから考えても、
実際にいるような
カルト教団の美人幹部程度の役割なんだよな。
人格が薄っぺらだから萌えないのか。




なるほど、ヴァンが1話で「俺は童貞だ!」とか言ってたのは、
おねーさんの体でなんとなく説得されてしまうミハエルとの
対比関係を描くための伏線だったのか!(笑)




たぶん次でVSファサリナ戦で1話使って…
全何話か知らないが、
けっこうまだ話数に余裕がある。
もう一膨らみあるかなー。
嬉しいなあ
いやあ、良かったねえ、
アメリカ様に「評価」してもらえて。
翠星石
せっかく翠星石にスポットの当たる回だというのに
作画が崩れるのは関心せんな。

カナリアはいなくても良い気がする。
いや、嫌いじゃないですが。
オチ担当?

ジュンばっかりマスターにしていいんでしょうか。
まあ、ジュン以外にキャラがいないのではあるが。

なんだかんだで一番ちゃんと見ているのが、
「ローゼンメイデン」です。

水銀燈復活まだー?





「エウレカセブン」は、
2クール消化してもう最終クール入ったと思うのだが
伏線ほったらかしだな。
いーのか?
最後に畳み掛ける予定なのかもしれないが…

タルホがもっと輝いてくれればなあ。
相手役のホランドがあれじゃ、無理もないか。




「ガンソード」

うーんうーん。
わりと好きではあるが、
いまいち何を軸に見たら良いのか
わからんアニメではあるなあ。
全話見終わった後、何も残らなそう。

そんな予想は裏切ってくださいね。
ブルースカイ
桜庭一樹「ブルースカイ」、読了。

わは、なにこの少女民俗学。
とりあえず一安心
あれ、一週間も書いてなかったっけ?
なんかちょびちょび書いてたよーな気がするんだが。
どうもぼくの周りは時間が歪んでいるようだね、ははは。


不肖わたくし、なんとか次の働き口が決まりまして。
今しばらく生き恥をさらしていくことが許されたようです。
どーも、どーも。

さて、あとは…
校長ー!
キングオブワンズ

オープンβテスト、数回しか足運んでないなあ…

とか思ってたら
いつのまにかもう本サービス開始になってました。
いやはや。

こういう課金制度になったのねー。ほうほう。

遊ぶだけなら無料で出来るのが○。


かすかと巨像(2)
巨像を倒す!

目的の明確なこのゲーム、
やることといったらそればかりである。

プレイを重ねるうち
わたくしめも巨像倒して倒して、
約半数の巨像を打ち倒しました。

巨像と言っても、
巨人だったり牛だったり鳥だったり魚だったり。
彼らはまるで生き物のよう。
小さなワンダがビッグサイズな彼らを屠るのは、
マンモス狩りのようでなかなか楽しいものです。

楽しい一方、別に巨像が何したわけでもないのに、
目的(少女の魂を取り戻す)のために
それを殺める行為はどこか背徳感を感じさせます。
巨像を倒すと体からなにか黒いものが出てきて、
毎回ワンダを気絶させるし。




だだっ広い土地。
やることといったら巨像を倒すことだけなのに、
フィールドは非常に丁寧に作られています。
馬で一瞬駆け抜けるだけの場所かもしれないのに。
人によっては全く通らない場所かもしれないのに。
ぜいたくだー。

逆に言えば、これはゲーム的には
意味のない場所が多いということでもあります。

このへんをどう受け取るかで評価違ってくるんでしょうねー。




ところで、
説明書にはアイテム(食い物)拾えるようなことが
書いてあるのですが、
わたくしいまだ一つも見つけてません。
別に困ってないからいいけども…。
規制とエグさの狭間で
デデデデ デンデデン
デデデデ デンデデン

エクスデス戦のドラムがいいのぅ。
知らない人思い出せない人は
このあたり
で適当に聞いてくれ。
あのくらい勧善懲悪の世界で
真っ当に生きる敵役やってくれる奴は、
最近は見ないなあ。

FFも3~6くらいまではわりと好きなんだがにゃー。




名作「エリュシオン」について
(ネタバレ)

http://www.alpha-net.ne.jp/users2/gtbase/98/kako/elysion_dc.htm

…なにぃ?

エロシーン抜いて、抜いた部分が不自然にならないように
多少整えた程度じゃなかったのか。
元のPC版での真希の精神疾患がそんなものだったとは。
(わたしはDC版しかやってません)

反転
PC版:重度のセックス依存症。
   で「同僚も面白がってヤっていた」
DC版:自分をナイフなどで傷つける事に快感を覚える自傷癖で、
   体中が傷だらけ。
   で「同僚も面白がってヤっていた」




……って、(まあ一概には言えないが)
DC版のほうがエグくなってるじゃないかよ!(笑)

うへへ、さすがだぜ。

再プレイもしたいし、
PC版もそのうち調達するかねえ。
あー、火焔聖母もあったなあ。


追記:
ほえ?
小耳に挟んだのだが、
ディアボリークの補足なんて
ロッティーシナリオであったっけ??
確認したいけど、積みゲー多いからなあ…
おけすとらの悲哀
だいたいからして、
商業主義で3部作で限定版でウッハー!
というところから気に入らないGPOですが。

アニメはやっぱりゲームと分けて考えたほうが良さげ。
や、元からそう思ってはいるが、
キャラの性格とか舞台の設定とか
今回はアニメ先行なくらいだから
すり合わせてあるのだろうと思ってたのだが、
全然そんなことはないようだ。

って、じゃあアニメに合わせて
 キャラデザが垢抜けないものになってる分、
 ゲームには悪影響しかないんじゃない?




※や、どうせ買うから期待はしてますよ、それなりに。
 ゲーム版にはね。
 どうか、裏切らないでくださいまし。


copyright © 2005 もう手遅れでした all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。