もう手遅れでした
わたしのとりとめもない雑記が 書き連ねられます。 読者への配慮とかはないです、と予め宣言。        (でもツッコミはご自由に)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ぼくの船は沈まない 2
まあ朝になって見てみれば、
当然のごとくOPデモが流れているわけです。
このOPデモ良いよねえ。


……さて。

再度介入スタートさせてみました。
そちらもしばらくしてから見てみると
やはりOPが流れてました。



……さてさて。

リアル時間で2~3時間程度で死ぬ確率高し、と。



えーと、それじゃあ
このモードあまり意味がないと思うんですが。
欠陥品め!


だが待て。
前はけっこう長く介入して、色々と見れました。
単に運の問題なのでしょうか?
こちらは見るだけなので何も状況を動かせな…

あ。

もしかするとプレイデータが
メモリーカードにあるのがいけないのかもしれません。
セーブデータの進捗具合で
初期メンバー以外のNPCも
見られる(船にいる)ようになっているのですね。
ということは、それによって状況が変わっているわけです。
敵の数や強さまで変わっているかどうかは分かりませんが。

ともかく、前に長く介入できたのは
まだセーブデータが余り進んでない時だった気がします。


よし、メモリーカード引っこ抜いて再チャレンジしてみよう。





2007年07月12日
00:35
かすか


ニャンコポンで視覚介入中。
ゲーム内時間6月8日スタートで、
現在7月20日。

いい加減切ろうかと思いましたが

ネリ
「MPKのことについて教えてよ」
ニャンコポン
「一緒に寝ようと誘ったら、断られたので失望した」


お前メカをベッドに誘ったのか!

面白かったので明日の夜まで電源落とすのは待とうと思います。



2007年07月12日
00:46
かすか

MPKに冷たくあしらわれて
「ナニよー!今にみてろー!!」とか言いながら、
泣き感情アイコン出してる…。

スポンサーサイト
ぼくの船は沈まない
なんか絢爛やってる人が多いので
久しぶりに起動させてみました。

もっとも、プレイするのは面倒くさいので
「不在の日」で。

視覚介入は2回くらいやったことあるのですが、
どっちも沈まなかった気がします
(自分で終了させた)。
でも人の話聞いているとすぐに沈んじゃうことが多いらしい。

今回は沈むまで放置してみようと思います。
開始が0時半頃、
明日ぼくが起きるまで航行続けているかなー。

もしそのくらいまで続いていれば、
AIも良い感じに学習して
けっこう面白い挙動が見られそうな気がします。
期待期待。

なお、介入先はTAGAMIさんです。










2007年07月11日
01:11
かすか

・2252-6-9 03:00頃

ヤガミ死亡。

まあ、良い。




2007年07月11日
01:12
かすか

・同 03:15頃

イイコ死亡。

ぎゃー。
というかいきなりピンチになってる予感。



2007年07月11日
01:24
かすか

・同 11:00

戦いはまだ続いている。



2007年07月11日
01:26
かすか

同 11:30

なんとか切り抜けた模様。
よくやったベス(多分艦長)。

正直朝どころか、寝る前に沈んで終わりかと思ったよ…(笑)。




2007年07月11日
02:00
かすか

TAGAMIは戦死しました。


……。


えっと。
介入先をBLにして、再スタート。
今度こそ寝ます(笑)。


運命の日(第30回)
前回までのあらすじ

艦長に就任、こっから艦内掌握に乗り出すぜ!




ワリ、めんどい。
とりあえずやめ。


1時間(第7世界時間)で艦長を辞任するわたし。

やー、なんか忙しいしさぁ…。
遊ぶ時間も欲しいのよ。




とりあえず少しずつ慣れていこうということで、
艦長と無職をいったりきたりすることにする。




無職だと、第一種の時やることがなくて暇である。
時間も飛ばせないし。

それにしたって、NPCはジタバタしすぎである。
落ち着けよ、お前ら。




知恵者に嫌われようと行動しているのに、
友情あがったりする。
おのれ、これもシバハラか!




TAGAMIが戦闘中の食堂で3度も声かけてくる。
落ち着け、落ち着け。
でも懐かれててちょっと嬉しい。




もしかして消火活動って
わたしがやらなきゃ誰もやってないのか?
と不安になる。

お、ポーやタキガワが消火活動しているのを発見。
良かった。
真面目な君たちがいてくれて助かるよ。




運命の日。

一応、マイトとイイコのネタバレなので、
以下は読みたい人のみ炙って読むべし。

恐れていた事態が、ついに起こってしまった。
本懐シリーズより続くたくさんの紆余曲折を経て、
ついに再会を果たすマイトとイイコ。

眼鏡を取り涙を拭くイイコにマイトが告げる。
一番いい女を見つけたと。
そう、たった今。
マイトはその相手にイイコを見出したのである。

(注:詳細はうろ覚えです)

って、待てや、おいテメェ!マイトー!!
メガネを取らないといい女ってわからんのか!
メガネはかけたままが良いに決まって
お前の人を見る目は
そんなことで曇ってしまうものだったのかッ!!


わたしの叫びもむなしく、
イイコはメガネを取りお下げをほどいて行動するようになりました。

あんな…あんな不良の影響を受けて
そんなフシダラな格好をするなんて!
父さんは悲しいぞ!!


だいたい、イイコはわたしに対して性愛が突出、
嬉し恥ずかし状態のはずだったのに。
わたしへの想いはどーなったというのだ…。




というわけで。イイコとコンタクトを取るべく探す。
すぐに見つかった。

思わせぶりに艦橋入り口にチラチラ顔出して、
話しかけようとしたらダッシュで逃げ出すイイコ。
待てぇぇぇい!

イイコにおいつく、話す。
顔をまじまじと見つめる。(ちょ、おま、おい、メガネは?)
「なんですか?」
……なんでもない。(魅力的に見えるなんて言ってやらない)
「ふふふ」

オイ待て、勘違いして喜んでんじゃねー!
ちきしょー!!





アイアンかっこいいなあ。
とりあえず憂さ晴らしにアイアンの隣でサンドバックを叩く叩く。
打つべし打つべし。

ポイポイダーがアイテム交換をせがんできた。
落語のディスクを持っていった。
このオモシロイルカめ。




NPCが個室持つと、写真立てとかの私物が出現するネウね。
…ニャンコポンの写真なんだろ、これ。ユーリ夫妻か??
いや。
というか、いつのまにうちのニャンコポンは
個室持ちになってんだ。なんでこんな威信点増えてるんだろう??
などと部屋を物色していると、
げ、奥で寝ていた当人が起きてきた。

もともと会うのが目的で部屋に来たのではあるが…
きゃつの部屋で2人きりはなぜか悪寒が…

ああ、ほら、頼みごと来たコレ。
ってか普段はほとんど話しかけてこないくせに。TPO考えてやがる。

起きぬけに何を御所望ですか、お嬢様。

はい。マッサージでございますか。
(良かった、昼寝じゃなかった…)

マッサージ後、今度はこちらから頼みごとしようとしたら、
普通に断られた。

あんた起きて最初の行動が、
人に体を揉ませておいて
用が済んだらさようならですか。


しかし、彼女らしいな。
今回に限らず、ニャンコポンは数値的には好感度最高値にも関わらず、
こちらからの頼みごと等は気分によって普通に断る。

そんなニャっちが嫌いじゃないわたしがいるから、
困ったもんだ…。





なんだかんだでニャンコポンに癒され立ち直ったわたしは、
ある決意をする。

そう、決めたのだ。
生きて再び明日を見ようと。

わたしは、マイトに崩されたわたしの世界の秩序を、
取り戻してみせる!


イイコの変身イベントは、
エステルやニャンコポンの着替えと違い、
不可逆の変身のようだ。
一度メガネを外しお下げをほどいてしまったら、
もう元のイイコには戻ってくれないのだ。

許せない。

我は世界に反逆する者。
そんなゲームルールなど崩してみせようぞ。

イイコさんイイコさん、ちょっと。
「はい?」

これ、プレゼント。君には必要なものだ。
「ありがとう、嬉しいです」
喜んで受け取るイイコさん。


彼女は、大好きな人からもらった

『鼻眼鏡』を

大事にかけるようになりました。


メガネッ娘、再誕!!
これは、メガネを巡る死と再生の神話なのだッ!


次なる目標は、仇敵となったマイトの排除である。

わたしはこんなところで終わるわけにはいかないのだ。
マイトに復讐の刃を突き立てるその日まで!


続くッ
就任(第29回)
ミズキが悲しんでいたので、
なにも聞かずに慰める。
口では感謝するミズキ。
だが、嫌悪が40強アップ。

な、なぜ…?
人前で慰められたくなかったのかしら。
いや、わたしからは慰められたくなかったのか??




やっぱり艦橋でドランジが倒れたとの報。
奴め。まだ仕事病が治ってないのか。
だからビールを飲めと言うておるのに。




アルカディアがだいぶ荒廃している。
BGMもなんだか暗い。
人口も1000万割ってるしなー。




エリザベス艦長が地球への工作員の派遣を提案、
アキが工作員として地球に送られました。

わかっているな、アキ?

君の任務は

エノラを拉致ってくることだ。


健闘を祈る。




都市船でヤガミに声かけたのに無視される。
なんか…、けっこうショックだよ…。

まあ、確かに嫌悪高いんだけどさ。
(友情や親愛も高いんだヨ)




さて、撃墜200越えたので、
ぼちぼち次のゲームを始めようか。
合わないと思えば、やめればいいし。

あ、指揮技能足りないや。訓練訓練と。
はい準備完了。

というわけで人事に大鉈を振るう。

艦長 わたし

副長 ヤガミ
飛行長 メイ
航海長 猫先生
(航海士 マイケル)
水測員 スイトピー
(水測長 サウド)
操舵手 ポイポイダー
(副操舵手 エステル)

飛行隊 BL ドランジ

元艦長のエリザベスは陸戦隊長に就任。

エステルの格が低いのと、
ニャンコポンが無職にあぶれたのが難点
(わたしが飛行隊でなくなったので、
 整備士からは外した)。

そのうち改善してやろう。
さて、ここから夜明けの船を掌握にかからねば。
ふっふっふっ。
アイアンの習慣(第28回)
久しぶりに第6世界に帰ってきた。
火星では一週間以上経っている。
不在の間も戦闘がやはり頻発しているが、
勝っていたようだ。

2252-11-24 08:06 舞踏再開。




再開時はNPCたちがトイレに行きやすいので、
わたしも観察のために
まずトイレへ向かうことにしている。

そんなトイレ帰り、
たいして親しくもないアイアンが
「腹減ったな」
などと言ってくる。
珍しかったので一緒に食事を。

後日、同じことが数回起こる。
アイアンはトイレ帰りにわたしを見かけたら
一緒に食事を取ろうと決めたんだろうか。
面白い。




知恵者から話しかけてくる。
上機嫌の理由を尋ねられたので答えるわたし。
すると(わずかながらも)嫌悪が上昇する知恵者。

…おい、おっさん。

どういうこっちゃ。
まあ、非常に「らしい」挙動だと思いました。




ネーバルの大艦隊と接触。
RB隊(わたしとイイコ)善戦するも、
艦へのダメージが激しい。

あう、撤退命令出ちゃった。
まずいなあ。

全滅させようと頑張るが、苦戦。
夜明けの船とだいぶ離れたので、帰還に移る。

また活動限界ぎりぎりで着艦。
最近このパターンで負け戦多い…。
死ななきゃいいんだけど。




やたらヘラヘラしてるのか、
あちこちで「上機嫌だね」と言われまくる知恵者を見る。




あー、やっちゃった。

夜明けの船に置いてかれて死亡。
敵全滅させたのに…。

泣く泣く再開。




ドランジから話しかけてくるようになりました。
そういえば最近は倒れてないな。
わたしへの友情が、仕事欲を上回ったか。
そんなあなたにビールをプレゼントしてあげましょう。

「…いらん」
copyright © 2005 もう手遅れでした all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。