もう手遅れでした
わたしのとりとめもない雑記が 書き連ねられます。 読者への配慮とかはないです、と予め宣言。        (でもツッコミはご自由に)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【雑記】自由のためなら人が死んでもいい
非実在うんぬんの記事やら何やらを
ゆるゆると読んでいたら。

http://d.hatena.ne.jp/shiumachi/20100322/1269266959

外国でもかように取り上げられているというお話。

リベラル系の新聞らしく、
ついているコメントも規制に疑問を呈する声が多く支持されているみたい。
訳を読む限りは冷静なコメントで好感が持てます。

>私はこの漫画を聞いたことがないが、

うん、COMICプルメロなんてぼくも知らない。
コンビニ売り専門の雑誌かね。

>だんだんアメリカは「マイノリティ・リポート」のような社会になっていってるな(今は犯罪を犯していなくても、将来犯罪を犯しそうであっても逮捕する)。日本がその後追いをしているのは悲しいことだ。

結構この「犯罪者予備軍は犯罪してなくても逮捕」という考え方に
疑問を持たない人が多いみたいで、ぞっとする。
本当に。


>私は児童ポルノ法のポイントは未成年を性的虐待から守るためのものであって、大人の感性ではないと思っている。

児ポ法にしろ今回の東京の条例案にしろ、
それがどう被害の予防や救済に繋がるのかという点が抜け落ちているのは
どうかと思う。
規制推進派が本当に建前で子供を引き合いに出してるようにしか見えない。
もっとそこを突くべきだろう。
まあ、反対派にもその視座はあまりない人が多いが。
そろそろ「創作物だから実在の被害者はいない云々」という話は卒業したい。







そして「ベーリング海の一攫千金」が見たくなった。
(「デクスター」は観てる)

*****************

一方で、わが国ではこんな記事が書かれたりするわけですけどね。
はぁ。
http://sankei.jp.msn.com/life/lifestyle/100323/sty1003230331000-n1.htm

いらないと思うけど、どこがおかしいかの解説。
http://blogs.yahoo.co.jp/rokugatsu1972/50402751.html



*****************





直接は関係ないけど、リンク辿ってこっちも読んでみた。
凄いね!

自由のためなら人が死んでもいい
http://cruel.org/economist/courier200712.html


ぼくもさっくり「○○のためなら人が死んだって別にいいじゃない?」って
しばしば言っちゃうけど、
自分の場合は単に考えが浅いだけだから。

でも、メディアであえてこう断言してのけるというのは、
全く重みの違う、次元の違う話です。
スポンサーサイト
【雑記】3月になった
ツイッターを始めてから
どうでもいいことはツイッターで垂れ流すようになったのだが、
そもそもどうでもいいことしか出力できないので
こっちに書くことがとんとなくなってしまった。

というか、
そうなるだろうなとは想定済みで
それを懸念してツイッターやるのを渋っていたりもしたのだけど。

*******************

何かのネタバレになる話はツイッターで垂れ流すとまずいので、
その手の話はこっちで書くかも。


なにか長い話やまとまった話はこっちの方が向いているんだけど、
もう何年もまともに考えて文章書いてない気がする。
それもどうだろうなあ、退化していってる気がするなあと思いつつ、
別に義務感もないので多分このまま。
【雑記】人類が衰退してた
「人類が衰退しました」の5巻が出てた。
買った。

最近マムロンのレベル上げしてばかりで、
全然本を読んでないなあ。ライトノベルすら。
読まねば。

*****************


ロバート・J・ソウヤーの「フラッシュフォワード」、
ドラマ化するんですってね。
というか、もうしてるんですってね。
本屋で帯を見て、初めて知りました。

とある実験をしていたら、
うっかり未来が見えてしまったよという話。
SFです。
シュタインズゲートでも出てきた、
ラージハドロンコライダーも出てたと思います。

ドラマシリーズ化かぁ、うーん。
映画化よりは大丈夫かな?
小説はだいぶ面白かったですけど、
どのようにドラマにアレンジしているのか。
レンタルで出るか、地上波でやるようなことがあれば
観てみようと思います。
【SF】なんでなのん
シュタインズゲートの話を
するつもりだったが、
時間かかりそうなので
少し別件を。

メッセとかでも
以前に呟いた覚えがあります。

タイムパラドックスや
タイムトラベル関連の話で

『過去(未来)の自分と
会ってはいけない』

という理屈を採用している話が
結構あると思います。

だけど、ぼくはいまいち
この話が腑に落ちない。

時間移動や過去改変そのものが
アウトならばともかく、
なんで自分に会うことだけが
特別にアウトなの?


納得のいく説明を
聞いたことがない気がする
(難しくてよくわからない説明は
聞いた気がする)。

誰が言い出した話なんだろうなあ。


※ちょっと追記
時間移動している、
過去の自分と
会える状況にあるということは、
同一の時間に2人の自分がいることは
許容しているわけよね。

その上で、
両者が会う会わないが
それほど問題なのか?
ってことです。
祖父殺しパラドックスに
なるならばわかるけど。
【雑感】9月17日
「『相次いでいる』という表現は、『増加している』と言い切れないときに用いる言葉である」


ほほう。
まあ、言われてみればそうだな。
意味としても、その通りだ。

ニュース等で「○○が相次いでいる」とか言っている時は
実際に増えているとは限らないという話な。
copyright © 2005 もう手遅れでした all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。